最近、ビットコイン(仮想通貨)の話題は絶えないですよね。

私の周りもみんなコイン、コイン言ってます。

そもそも、ビットコインってなんなんだろう?リスクって何?買い方はどうするの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

この記事はビットコインってどういったものなのかを説明していきます。

ビットコイン(bitcoin)とは?

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つです。

日本円のような国が発行しているような通貨とは違い通貨としての機能をもつ電子データです。

例えば日本だと日本円、アメリカだと米ドル、ヨーロッパだとユーロが使われていますよね?

ビットコインは独立した国が発行している通貨として考えるわかりやすいかもしれません。

法的にどうかというと2017年4月1日に仮想通貨法で通貨として認められています。

ビットコインって電子マネーと違うの?

仮想通貨に似たものとして「電子マネー」があります。

日本には楽天Edy、nanaco等の電子マネーが利用されていますよね。

電子マネーとビットコインの違いは一言でいうと価格変動の部分です。

電子マネーの場合は1,000円分チャージしたら1,000円分使えます。

結局のところは現金を電子マネーという形で支払っているので、現金で支払ったのと同じ事です。

ビットコインに関しては1,000ビットコインは1,000円という事にはなりません。

ビットコインの価値は取引参加者によって相場で決められるのです。

例えば日本円と米ドルは同じ価値ではないですよね?

ビットコインも交換レートというものがありますので、レートが変われば日本円に換金する時に

高くなったり低くなったりするのです。

つまり、外貨取引と同じように変動しますので、欲しい人がいればその分価格も上昇し、要らないという

人が多ければ価格は下がるという事です。

外貨との違いはユーロの場合は欧州中央銀行といったように国の中央銀行が通貨を管理していますが

ビットコインにはこの中央銀行が存在しませんので、発行する組織もないのです。

どこが管理しているかというとコンピューターです。

「ブロックチェーン技術」という技術でコンピューターの能力を借り、データを分散管理し

取引が正確に行われているかを管理しているのです。

ビットコインのメリット

◆送金が容易にできる

ビットコインはビットコインウォレットを利用する事により遠隔地への送金が簡単です。

例えば日本から見た地球の裏側でも共通の通貨で取引が可能です。

◆国の経済状況などに左右されない

ビットコインは国が管理しているわけではないので、国の経済状況や政治状況の

影響により価格が変動はしません。

ビットコインはどこで買う?

ビットコインを手に入れるには「取引所」「販売所」を通じて購入する事ができます。

取引所というのは証券取引所のように常に変動している市場です。

金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録された一部の取引所です。

取引所           運営会社                    設立                 資本金

・coincheck       コインチェック株式会社                       2012年8月              9,200万円

・Zaif          テックビューロ株式会社                  2014年6月             8億3,013万円

・bitFlyer        株式会社bitFlyer                      2014年1月             41億238万円

・GMOコイン      GMOコイン株式会社                     2016年10月                 7.5億円

・DMM Bitcoin         株式会社DMM Bitcoin                   2016年11月       12億9,000万円

最近、テレビCMでよく見かける名前もありますね。

資金力で見ると「bitflyer」が目立ちます。

「bitflyer」はメガバンク系のベンチャーキャピタルから出資を受けている資金力のある会社です。

知っておきたいビットコインのリスク

ビットコインを知るでまず、抑えておきたいリスクとしては以下の2つです。

◆相場の変動が大きい

ビットコインの相場は変動が大きいので、価値が上がれば儲かりますが下がれば損してしまうリスクがあります。

◆取引所のリスク

ビットコインは取引所で購入するのですが、よくわからない取引所を使うと危険です。

取引所が倒産してしまったり、ビットコイン自体を失ってしまうリスクもあります。

この取引所に関しては最近も仮想通貨取引所「コインチェック」の流出問題などありましたよね?

取引所がサイバー攻撃を受けてコインを失う可能性もあるわけです。

ビットコインで利益が出ると税金がかかる

ビットコインで億万長者になったという話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、利益が出るとその分、税金の負担も大きくなります。

ビットコインの売買による利益は「雑所得」として課税されることになっています。

所得税の速算表

課税所得195万円以下           税率5%      控除額0円

課税所得195万円超330万円以下     税率10%     控除額97,500円

課税所得330万円超695万円以下     税率20%     控除額427,000円

課税所得695万円超900万円以下     税率23%     控除額636,000円

課税所得900万円超1800万円以下     税率33%     控除額1,536,000円

課税所得1800万円超4000万円以下   税率40%     控除額2,796,000円

課税所得4,000万円超           税率45%     控除額4,796,000円

例えば、500万円の利益が出ると税率20%です。

所得税 500万円×20%-42.75万円ですので57.25万円

住民税 500万円×10%ですので50万円

合計で107.25万円となりますので利益の21%は税金です。

まとめ

ビットコインとは?ついて簡単に書いてきましたが、ビットコインのシステムはとても面白い内容だと思います。

ただビットコインも投資ですので大きく儲ける事も出来れば大きな損失を被る事もありますし、様々なリスクも当然あるという事は理解する事が大切だと思います。