東京のマンションは投資家から注目されています。

東京は世界の主要都市に比べると不動産価格が割安であるとされており海外投資家の注目を集めています。

国家戦略特区による規制緩和や2020年の東京五輪開催などのプラス要因も加わっております。

投資用マンションを購入するに人口はどうなのかが、一番気になる事です。

人口の変動は空室問題にも発展しますので、将来的に人口が減っていくエリアでマンション投資は避けたいものです。

東京のマンションですと交通インフラや商業エリアも良いですしワンルームマンションに投資すれば満室状態を目指すことが可能です。

ただ、東京での不動産投資のデメリットとしては?

■地震などの自然災害が心配

首都直下型地震に関する話は数年前からされています。

地盤が弱く液状化現象を起こす可能性がある地域や耐震構造が強化されていない物件を運用すると資産と収入を失う事になります。

■不動産の価格が変動しやすい

東京は首都直下型地震のリスクが大きいです。

地震や大雨・台風などによる被害が大きいと予測されるエリアは実際に地価値崩れが起こる可能性が高いですので、建物の資産価値も大きく下落する可能性があります。

そんな中でもやはり東京の投資用マンションを検討している方は多いと思います。

この記事では東京の物件より福岡?福岡の投資用マンションの魅力について書いていきたいと思います。

目次