証券会社に口座を開設し、買いたい株が決まったら実際の株の取引が始まるわけですが、実際に株取引をする前に株の注文方法や買うタイミング、株が下がって損しそうになったらどうしたらいいのか等はあらかじめ知っておいた方が良いです。

株価は会社の業績によって変動し、株式の需要によって変動します。

株価は一円動くだけでも数万円利益が変わる場合もありますので、運用する金額が大きければ一秒の差で大きな損失を被ることだってあります。

初心者が知識も十分にないまま参戦してしまうとベテランの投資家にいいカモにされて連戦連敗してしまうことだってあります。

株の取引については日々勉強ですし、取引のテクニックは常に磨かなければなりません。

この記事では知っておきたい株の注文方法について説明していきます。

株の注文方法

株の注文方法は大きく分けると3つあります。

注文方法の意味が分からないと株取引は出来ませんので、違いについてはしっかり理解する事が大事です。

株の注文方法としては

・指値注文

・成行注文

・逆指値

といったものがあり、この3つの方法を使いこなすことにより自分がイメージした通りの株の取引ができます。

指値注文とは?

株の買いたい金額や売りたい金額が決まっている場合は、株価を指定して注文します。

このことを指値注文と言います。

例えば「300円の指値で1,000株の買い注文」であったり「500円の指値で2,000株売り注文」といった使い方になります。

指値注文の場合ですと、株価が自分の指定した金額にならないと約定できません。

株価が350円から301円まで下がってきたけど、そこから320円に上がってしまった場合は300円に届いていない為、株は買えなかったことになります。

指値注文は「300円まで下がらなければ買いたくない」という場合や「500円まで上がらければ売りたくない」という希望の金額が決まっている場合に行う注文方法です。

 

 

成行注文とは?

成行注文は指値注文のように金額の指定はしません。

いくらでもいいから買いたいや売りたいという場合に成行注文を行い、注文後にすぐに約定できます。

「成行で1,000株の買い注文」や「成行で3,000株の売り注文」といった使い方をします。

取引時間中に成行の買い注文を出すと、そのときに出ている最も低い価格の売り注文に対応して即座に注文が成立します。

同じように成行の売り注文の場合は最も価格が高い買い注文に対応して注文が即座に成立する事になります。

例えば、現時点での株価が300円で最も価格が低い売り注文が301円、最も価格が高い買い注文が299円のときに成行注文を出すと299円で売れる事になります。

成行注文で株を買う場合は買付余力も注意が必要です。

買付余力:株を買うために必要なお金の事で、証券口座に余力が十分残っていないと発注ができません。

逆指値注文とは?

逆指値注文とは「株価が300円以上になったら買う」や「300円以下になったら売る」などの指値注文や成行注文ができるのが特徴です。

どのような時に逆指値の注文を行うのかと言いますと例えば150円で株を買い、200円ぐらいで売ろうと考えたとします。

しかし、150円より下がり始める事もあるわけであって、そんな時にリスクを考えて140円まで下がったら株を手放すといった逆指値で売り注文を出しておけば、損失の拡大を防ぐ事ができます。

成行注文は想定外の株価で注文成立する事もある

成行注文は注文さえ出せばすぐに買ったり売ったりできる反面、想定外の高い株価で買い注文が成立してしまったり、低い株価で売り注文が成立してしまう事もあります。

特に、日々の売買高が非常に少ない銘柄で成行注文を出すと現在の株価が500円なのに対して550円で買い注文が成立してしまったり450円で売り注文が成立してしまうという事もありえます。

また、午前9時から開始する前場および12時半から開始する後場のそれぞれの取引開始前に成行注文を出した場合は取引開始前に出ているすべての買い・売りの成行注文が成立するようになってますので、前日や前場の株価よりかなり高い株価で買い注文が成立したり、かなり低い株価で売り注文が成立してしまう事もあります。

まとめ

この記事では知っておきたい株の注文方法について説明してきました。

指値注文と成行注文の違いは注文の際に価格を指定するかどうかという点ですが、購入価格や売却価格を重視したい場合には指値注文をして、取引の成立を重視したい場合は成行注文を使うのがポイントとなります。

便利な注文方法を覚えれば、売買が快適になります。

最低限覚えておきたいのは

・価格を優先したいのなら指値注文 

・急騰・急落局面で早さを優先したいなら成行注文

という部分になり、逆指値はリスク管理をうまく行う事ができ、相場が予想に反して動き始めても柔軟に対応できます。