不動産投資を検討した場合、どうしてもある程度のお金がないと始める事ができないというイメージが強いと思います。

不動産投資にも様々な種類があり、ほとんどの場合はある程度の自己資金が必要です。

そんな中で少額で始めれる不動産投資や自己資金を出さずに全額ローンで始める事ができるものもあります。

この記事では1万円からできる不動産投資について説明していきます。

1万円から始めれる不動産投資信託

不動産投資信託というのは実際に物件を持たなくても不動産投資ができるものです。

不動産投資を始めてみたいなと思っても資金が無かったり、勤続年数が足りなくて住宅ローンを組めないなどで始める事ができない方もいらっしゃると思います。

不動産投資信託(J-REIT)は投資信託の仕組みを使って不動産投資ができます。

もし不動産(現物)を現金で買う場合はけっこうな資金が必要ですが、不動産投資信託の場合ですと約一万円程で投資が始められます。

資金がなくても始めれるワンルームマンション経営

福岡の中古ワンルームマンションの価格ですと500万円から1,000万円程度で購入する事ができます。

そして、購入価格の10%ほどの自己資金があればローンを活用して不動産投資をスタートさせることもできますし、購入する物件が中心部の駅から徒歩10分圏内の物件などですと自己資金を用意しなくても物件価格の全額ローンで購入する事も可能な場合もあります。

これが一棟アパート・マンションの場合ですと福岡市中心部の一棟アパートですと4,000万円程しますし、一棟マンションですと8,000万円以上しますので自己資金をもし用意する場合ですと400万円以上が必要となりますのでスタートさせるにはかなりハードルが高くなります。


ローンを利用して不動産投資を始める注意点

過度な借金は不動産投資のリスクになります。

一般的なサラリーマンの方が不動産投資で数千万もしくは一億近くなるようなお金を借りて不動産投資を始めるのはおすすめできません。

いくら家賃収入だけで毎月ローンの返済ができるといっても金利が上昇したり空室が長期化することだってあります。

家賃が入らなくなったからローンの返済を待ってほしいといっても待ってくれるわけではありません。

家賃が入ってこない期間は自分自身の財布の中から多額のローン返済をする事になるわけです。

ワンルームマンション経営の住宅ローンの支払いは月々いくら?

初めて不動産投資をしてみようとして400万円以上のお金を払って始めようとするにはかなりの勇気が必要ですし、不動産投資は投資ですので当然リスクも付いてきます。

100%儲かる仕組みではありませんし、損する可能性だってあるわけですから、そこに何百万も投資して始めれる方はかなりお金に余裕がある方だけだと思います。

ワンルームマンションをローンを利用して購入した場合の月々の返済額は

物件価格:500万円

返済期間:35年

金利:3%

としますと月々の返済額は2万円程です。

ワンルームマンション経営のメリット

ワンルームマンション経営は他の投資商品では得られないメリットがありますので、まとめます。

■不動産という実物資産が手に入る

■借入により少額の自己資金で大きな投資ができる

■節税効果がある

■生命保険の代わりになる

■私的年金の確保ができる


まとめ

この記事では1万円からできる不動産投資について説明してきました。

不動産投資信託の場合ですと約一万円程で投資が始められますし、ワンルームマンション経営の場合は金融機関の評価が高い物件であれば、少額で始める事もできますし場合によっては自己資金0円で始める事も可能です。