短期賃貸マンションとはウィークリーマンションやマンスリーマンションなどと呼ばれており、宿泊を目的としたホテルや旅館などと契約を1年から2年に一度更新していく一般の賃貸物件の中間に位置するものです。

マンスリーマンションはサラリーマンの長期出張などで一般の賃貸物件に代わる滞在先として注目が集まっています。

気軽に新しい暮らしをスタートさせる事ができるのが短期賃貸マンションです。

この記事では短期賃貸マンションとは?一般の賃貸物件との違いについて書いていきたいと思います。

一般の賃貸物件と短期賃貸物件の違いは?

短期賃貸物件の特徴としては短期で契約できる事があげられます。

一般の賃貸物件の場合は1年~2年ごと契約になる場合がほとんどです。

短期賃貸の場合は運営する会社や契約するプランによって違いますが、1週間単位から一ヵ月単位での契約になります。

長く住む予定がない人にとってはかなりメリットがある短期賃貸物件ですが、それだけがメリットではありません。

大きなメリットととしては家具や家電があらかじめ設置されている事です。

冷蔵庫や洗濯機、ベットなどの生活に必要なものが住み始めたと同時に揃っていますので、新たに家電を購入する必要はありません。

短期賃貸物件の場合は利用する人は期間が決まっているサラリーマンの中長期出張や大学などの受験の際の滞在、家のリフォームや建て替え時の住まいなどに利用されることが多いです。


短期賃貸物件は費用が抑えられる

一般の賃貸物件の場合ですと礼金、敷金、火災保険と合計していくと結構な金額が入居時に必要です。

引っ越し費用や家具家電なども購入する必要があります。

ホテルなどでは入居にかかる費用は発生しませんが、滞在期間が長くなると費用が高くなります。

短期賃貸物件では敷金や礼金もいらないですし、保険に加入しなくても良いです。

また、一般の賃貸物件の場合は電気やガスなどいろんなライフラインの会社に連絡が必要ですが、短期賃貸物件は不要です。

短期賃貸物件は旅行にも向いている

一般的に旅行の際の滞在先は宿泊がメインのホテルとなり、チェックイン・チェックアウトなど手続きは必要です。

短期賃貸物件はホテルのように手続きする事もなく旅行の際の荷物も最小限で済みますし、自宅で過ごすようにくつろぐ事が出来ます。

長期で休暇が取れた場合にじっくりと観光などを楽しみたい場合にも短期賃貸物件は便利です。

利用方法は多種多様な短期賃貸物件

短期賃貸物件を利用する目的は様々です。

単身赴任のサラリーマンや進学して実家を出て一人暮らしを始める場合や新しい土地で土地勘を養うためにまず住んでみたりといろんな目的で利用可能です。

短期賃貸物件はマンションタイプが多く、駅の近くにあったりと立地も良いものが多いです。

また、防犯カメラやオートロックが付いた防犯設備を備えたセキュリティーの高い物件も多いので女性の一人暮らしにも最適です。

最近ですとペット可の短期賃貸物件もあったり、一度はしてみたいシェアルームというものもあります。

短期賃貸物件の契約の流れ

契約の流れもかなり簡素化されていますので、簡単です。

契約の流れは以下の通りです。

1.空室の状況確認で問い合わせる

2.申込書をFAXかメールで送り、審査の上、予約確定

3.契約・入金

4.入居

一般の賃貸物件の契約の場合は保証人を立てたり、公的な書類を用意するに時間がかかりますが、短期賃貸物件の契約は4つのステップで完了しますので非常に楽です。


まとめ

この記事では短期賃貸マンションとは?一般の賃貸物件との違いについて書いてきました。

短期賃貸物件の契約はサラリーマンの長期出張などで一般の賃貸物件に代わる滞在先として利用するケースが多いです。

現在、福岡市内のマンスリーマンションはかなり需要が高く色んな不動産会社が参入しています。

旅行に行く場合はホテルに滞在するよりも短期賃貸物件に住む場合の方が費用を抑えられる事もありますので比較してみましょう。