不動産投資を始める場合は出口戦略を考えてから取り組むことが重要と言われています。

不動産投資にも始まりと終わりがあり、終わりである出口戦略に失敗するとそれまでの家賃収入のプラス分がなくなったり何のために投資をしたのかわからなくなります。

不動産投資にも種類がありますが、一棟物件とワンルームマンション投資を比較すると一棟物件の場合は金額も数千万円から億単位になってきますので、とてもじゃないですけど、初めて不動産投資を検討してじゃあ、始めてみようかなとはなりにくいと思います。

区分マンション投資の場合ですと価格も手ごろで物件価格500万円から始めれますので価格の部分でも初心者の方向きになっています。

不動産投資にもいろんな種類がありますが、はじめて不動産投資を始めるのであれば、1棟アパート・マンション投資よりも一部屋ごとのワンルームマンション投資がおすすめです。

ワンルームマンション投資の方が一部屋ずつ増やす事が可能ですので、リスクに対して考えながら増やしていく事ができます。

リスクは抑える事ができますが、どうしてもまとまった現金が必要となった時に売れない場合は困ると思います。

この記事では売れない不動産投資物件。売れなくて困らない為にできることについて書いていきたいと思います。

不動産投資には必ず出口がある

自分で住む目的の不動産の場合ですとどこかに引っ越すまでは住み続ける事になります。

引っ越す予定がなければ生涯そこに住み続ける事になりますが、不動産投資の場合は必ず投資を終える時期が来ます。

何故手放す時期が来るのかというと需要の変化による空室率の上昇など、物件購入時に思い描いていた通りの投資環境が永遠に続くとは限らない為です。


出口戦略で不動産投資が成功するかしないかが決まる

不動産投資の入口は物件の購入で、出口となるのが物件の売却です。

購入した収益物件を売却した時点でその投資の収支が確定しますので、出口戦略まで含めて考えておかないと家賃収入は黒字だったのに売却する事により赤字になったという事もあり得ます。

出口戦略は売却時に立てても遅い

出口戦略をどの時点で考えておくことが大切なことですが、これは物件の購入前がベストです。

物件を購入する前から出口戦略を描き、その上で勝算があると見込まれる物件に投資をするというのが正しい方法です。

出口戦略を意識した物件選び

売却をスムーズに運んで思惑通りの価格で売る為には売却時にも十分な価値がある物件を選ぶ事です。

次にその物件を購入するのは投資家である可能性は高いので、投資家目線で魅力がある物件であれば買い手も現れやすいです。

ではどんな物件が投資家から見て魅力的かと言いますと

・立地条件が良い

・物件の状態が良い

・空率率が低い

・利回りが高い

といった物件が投資家から見ても魅力的と言えます。

投資家の目的は投資した物件で収益を上げる事ですので、特に立地条件と入居率が高い物件は関心が高いです。

集客力が高い物件かどうかの見分け方

不動産投資はとにかく家賃が入るかどうかが重要ですので、入居者がどんな物件に入居したくなるのかはチェックする必要があります。

・都心から近い

・駅から近い

・入居者が目的とする施設から近い「学校や職場など」

・築年数が浅く物件の状態が良い

・メンテナンスが行き届いている

・周辺環境が良く生活しやすい


まとめ

この記事では売れない不動産投資物件。売れなくて困らない為にできることについて書いていきました。

出口戦略をどの時点で考えておくことが大切なことですが、これは物件の購入前がベストですので、物件選びはとても重要です。