不動産の売却を検討する際にどこの不動産に頼んだらいいのか迷う部分だと思います。

不動産業というのは倒産の比率が低い業種でもあり、潰れずに残っている中小の不動産会社はたくさんあります。

大手の不動産会社も多く存在しますが、中小の不動産会社も山ほどありどちらを使うかどうかは迷われる方も多いのではないでしょうか。

イメージとしては

「大手の方がしっかりしている」

「地元の不動産の方が親切で物件の特性をよく知っているのかな」

といった良い部分と悪い部分で比べると思います。

この記事では不動産売却を依頼するなら大手か?地元か?について説明していきます。

大手不動産会社のメリット

大手の不動産会社のメリットとしては豊富な情報量と知名度です。

知名度がある為、物件購入者の情報多く持っています。

不動産を購入したいと検討している方はまずは大手の不動産会社に話を聞きに行くケースが多いです。

大手の不動産会社の方が物件の情報をたくさん持っているイメージがあるからです。

特に若い世代の物件購入希望者は大手志向が強く、買い情報は大手にどんどん集まる傾向にありますので、基本的には大手の方が売却しやすいです。
住まいの窓口

大手不動産会社は両手仲介にこだわる会社も多い

不動産会社の収入として仲介手数料があります。

買主と売主からそれぞれ仲介手数料をもらうことができます。

不動産業界では売主からのみ手数料をもらう事を「片手」と呼んでいます。

不動産会社としては「両手」のほうがおいしいので両手でいかに仲介手数料をもらえるかを重要視している会社もあります。

特に大手不動産会社は営業マンのノルマもきつい為、営業マンが両手仲介にこだわります。

また、仲介手数料は場合によって値引き交渉が可能ですが、大手不動産会社は値引き交渉に応じない会社も多いです。

地元の不動産会社は親身になってくれる会社が多い

地元の不動産会社を利用する際にはまずは親身になってくれるかどうかで判断すると良いと思います。

地元の不動産会社で親身になってくれる会社でやる気がある会社ですと社長自ら会社の信頼を築く為に丁寧に仕事をしてくれます。

中小の不動産会社の場合は大手のように広告費の予算があるわけではないので、大手との差別化を図る為にあらゆるサービスに力を入れています。

そういった企業努力を感じられる地元の不動産会社であれば、任せても良いと思います。

また、大手の不動産会社は両手仲介にこだわりすぎるあまりに片手の物件は紹介しない事もありますが、地元の不動産会社でしっかりした会社であれば両手にこだわりません。

仲介手数料の交渉もしやすいのが中小の不動産会社の良いところでもあります。


不動産会社の情報はつながっている

不動産業界はレインズという情報ネットワークですべての不動産会社がつながっています。

その為、大手の情報を地元の不動産会社が見る事もできるわけです。

情報がつながっている為、仮に地元の不動産会社に売却を依頼したとしても、地元の不動産会社が登録したレインズの情報を基に大手の不動産会社が買主を連れてくることだってあります。

この点でいうと大手や中小にこだわりすぎなくてもよいという事になります。

まとめ

不動産売却を依頼するなら大手か?地元か?について説明してきました。

大手の不動産会社の魅力としては情報量と知名度です。

地元の不動産会社の強みとしては広告費をかけない分、大手とは違ったサービスを作り出している会社もあるという部分です。

大手だけに依頼するのではなく地元の不動産会社にも売却の依頼を合わせてすると良いと思います。