中古マンション投資を始める際に気になるのが、設備の老朽化です。

設備や建物自体の老朽化は、避けては通れません。

マンション投資における一つのリスクではあると思います。

では、そのリスクにどう備えるかが重要になってきます。

この記事では中古マンション投資の設備の老朽化に備える方法について書いていきたいと思います。

老朽化すると設備の交換時期が必ず来る

築年数が経過している中古マンションを購入するとどうしても設備の老朽化は防ぐ事ができません。

部屋の中の設備の故障などによる交換・修理に関してはマンションオーナーが負担しなければなりません。

たとえばエアコンや給湯器は10年~15年に1回程度は交換が必要になります。

突発的に、修繕などで費用が発生する可能性が、老朽化リスクです。

老朽化リスクへの防衛策

マンション投資を始めると老朽化による設備交換費用は必ず発生します。

防衛策としては以下の2点です。

・必然的に発生する設備交換などの出費に対して予算を確保しておく

・突発的な修繕に対応できる余剰金を手元に確保しておく

交換が必要な設備はある程度、予測できますので、その費用をあらかじめ準備しておけば慌てることなく対処できます。

老朽化による修繕費は経費計上できる

マンション投資で家賃収入を生み出す為には必要経費が発生します。

不動産所得の金額は

総収入金額 ー 必要経費 = 不動産所得の金額

の公式で計算されます。

そして、マンション投資で生じる様々な支出を経費として計上すると、利益を圧縮して節税することができます。

部屋の機能を回復させるための費用は、修繕費として経費にできるので、部屋のクリーニング代や壁紙の交換、給湯器やエアコンの交換などの費用は経費として計上していくと所得税・住民税の節税効果が得られます。

老朽化による設備交換費用の目安

設備交換となると「とんでもない費用がかかるんじゃないか?」と想像される方もいらっしゃると思いますが、ワンルームタイプの中古マンションを所有した場合の費用としてはなんとかなる金額のものばかりです。

そして、交換が必要な個所もある程度決まっていますので対処しやすいです。

・エアコン交換代 60,000円~

・給湯器交換 60,000円~

・ガスコンロの交換 50,000円~

・換気扇(トイレ・キッチン・浴室) 各15,000円~

・IHクッキングヒーター取替 15,000円~

ワンルームタイプのマンションの費用としては10万円以内で済むものばかりです。

まとめ

この記事では中古マンション投資の設備の老朽化に備える方法について書いてきました。

設備の老朽化に関しては修繕に対応できる余剰金を手元に確保しておく事で十分対応できます。