不動産投資はローンを利用して始める方が大半です。

ローンの借入期間は一般的に35年です。

返済期間を長くするとその分、先々の資金状況をしっかり把握しておかなければなりません。

返済シュミレーションをしっかりしておかないと後から困ることになります。

最悪の場合はローンの支払いができなくなるという最悪な結果にもなります。

この記事では不動産投資ローンの返済シュミレーションの注意点について書いていきたいと思います。

返済シュミレーションをする前に!借入金額は大丈夫?

年収の数倍する借り入れをする住宅ローンは会社員の方にとっては大きな決断です。

普通に安定して勤務し続ければいずれは完済できるのですが、何があるかどうかはわからないのが人生だと思います。

高い物件を購入すればその分、返済額も高くなりますので、返済シュミレーションをする前にまずは無理のない金額の物件を購入する事が大切です。

仮に1000万円のマンションを所有した場合の月々の負担分はというと金利や返済期間で変わりますが、多くて40,000円程になり500万円のマンションを所有した場合は25,000円程になります。

ご自身で負担できる範囲内の物件であれば支払いができなくなるリスクは回避できます。

返済する上で安定的に家賃が入るかどうかが重要

基本的に不動産を購入する際は住宅ローンを使って購入するのですが、マイホームとしての不動産だと毎月の支払いは全てご自身の給与の中から支払っていきます。

不動産投資の場合は大きく違います!!

もうすでに人が住んでいる状態でスタートしますのでオーナーになった時点で毎月の家賃がローンの支払いの原資になります。

つまり自宅を購入する目的のローンと違いますので、別に支払いが増えるわけではありません。

ただ部屋を永遠に借りてくれるわけではありませんので必ず空室が出ますので空室期間は支払いが発生します。

重要なのは空室の期間であって1年も空いてしまうような場所で始めると支払いが厳しくなります。

ちなみに弊社で購入頂いているオーナー様の物件は立地と間取り、周辺環境等しっかり調査したうえで販売しているものを所有頂いております。

今までも空室は出ましたが、平均的に2~3か月で新しい入居者が決まっています。

ローン返済のシュミレーションをする上のポイント

返済のシュミレーションをする際に最も重要なのは返済が苦しくならない為にはどうすればよいのかを考える事です。

返済額はある程度、購入時に決まりますが、同時に以下の事を行うと返済が難しくなることはないと思います。

■毎月の家賃の余り分と税金の戻り分をストックしておく

■不動産投資用の通帳を作り突発的な出費に備える

■ローンの繰り上げ返済を常に意識し早期完済を目指す

繰り上げ返済は特にお勧めしております。

繰り上げ返済というのは毎月の支払いとは別に契約に基づいて借入金(元本)の一部または全部を返済する事です。

仮に500万円の物件を5年後に200万円繰り上げ返済しますと月々の支払いが1万円ちょっとになります。

繰り上げ返済の金額は自由ですが、無理のない程度に行うと良いです。

渡しもそうでしたが、繰り上げ返済を意識すると自然と普段の無駄遣いの部分を削りマンションの支払いに充てて早く完済したいという発想も生まれます。

今は少しだけ苦労して先々楽になりたいという方には最適な方法です。

まとめ

この記事では不動産投資ローンの返済シュミレーションの注意点について書いてきました。

不動産投資物件の返済は基本的に家賃収入で行いますので、マイホームローンと比べると返済はしやすいです。

ただ、あまりにも高額な物件を購入したり、空室が続いてしまうような物件を購入してしまうと返済が苦しくなります。

不動産投資物件の返済のシュミレーションをする場合は購入する物件次第で大きな誤差も生まれますので、注意した方が良いです。