賃貸住宅を借りる際は火災保険は強制的に加入させられることが多いですが、これは実際に借りている間に万が一の事があった時の原状回復や家財の被害などから守る為に大変重要なものです。

この保険に入っていない場合は、万が一の事があった時に個人で責任を負わなければならないので火災保険は必ず入った方が良いです。

基本的に賃貸住宅を借りる際にはお部屋を紹介してくれた不動産会社が勧める保険に加入するケースがほとんどだと思います。

実際にこの保険の内容を見てみると、賃貸仲介会社や不動産管理会社によっては不要と思えるレベルの補償を含んだ保険に加入させる場合もあります。

この火災保険は後日、自分で入りなおす事ができます。

この記事では賃貸住宅の火災保険は自分で探して加入するのがお得な理由について説明していきます。

火災保険の必要性は?

賃貸マンションや賃貸アパートを借りるときは火災保険の加入が義務になっていることが多いと思います。

そんな火災保険への加入は基本的に入っておいた方が良いです。

万が一の火災での被害や賃貸住宅の設備を壊してしまった場合などもかなり広範囲の問題をカバーしてくれるからです。


賃貸住宅を借りる際の保険の種類は?

賃貸住宅を借りる際に加入する保険の種類としては

・家財保険(自分自身の家財の補償)

・借家人賠償保険(火事の原状回復、エアコンやトイレなど設備を壊した場合)

・個人賠償責任保険(第三者に対する損害賠償責任)

といった保険がセットになっています。

実際のところ、火事を起こしてしまった場合の隣家への賠償などは「失火責任法」という法律によって重大な過失がない場合は求められません。

ただ、賃貸住宅の場合ですと燃えた自分の部屋を元通りにして返す義務というものがあります。

逆に、隣家から火が出て自分の部屋が被害を受けた場合でも隣人(加害者)に対して賠償を請求できません。

その為に、賃貸住宅を借りるにあたり、家財保険と借家人賠償保険がついている火災保険への加入が必要となるわけです。

不動産会社が勧める火災保険は割高になる可能性あり

一般的に賃貸住宅を仲介する不動産会社は火災保険の代理店になっています。

保険代理店は販売した保険に対しての手数料をもらえるようになっている為、できるだけ高いプランを勧めてきます。

その為、すべて込みにフルセットとなって提案されることが多いです。

4人家族などの世帯ですと保険の補償額は大きい方がいいかもしれませんが、一人暮らしの場合ですと高額な補償は必要ないと思います。

火災保険は自分で探してきて加入しても大丈夫?

そもそも火災保険に入る理由としては万が一の時の原状回復を補償する為です。

そうしますと、火災保険は借家人賠償保険だけが一定の金額あれば十分ですし、家財保険の部分に関しては必要かどうか選んでいいわけです。

賃貸契約とセットで火災保険に入らずとも別途保険証券のコピーの提出をすれば、自分で生命保険会社を見つけて加入してもいいわけです。

そのほうが、保険料は安くなります。

ただ、物件によっては指定の火災保険への加入が条件になっている場合もありますのでまずは確認する事から始めましょう。

まとめ

賃貸住宅の火災保険は自分で探して加入するのがお得な理由について説明してきました。

賃貸住宅の火災保険は不動産会社が指定するものではなく自分で探した方がお得という結果になります。

もうすでに火災保険に加入している場合は更新の時期が1年か2年で来ますので、その時点で見直してみても良いと思います。

まずは、不動産管理会社に指定の保険でないとダメなのか確認してみましょう。