喫煙者にとってタバコを室内で吸えない事は大きなストレスになると思います。

室内でタバコを吸うことで引き起こす問題としては壁や天井に黄ばみが染みつくことです。

喫煙者本人は分かりづらいですが、長年吸い続けると染みつく匂いも深刻になります。

賃貸物件を借りた際に部屋でタバコを吸うとタバコを吸うと退去時に高額な請求をされる場合があります。

タバコは部屋の中で吸わない事が高額な請求をされない一番の方法ですが、高額な費用を負担しなくてもいいケースもあります。

この記事では賃貸物件を退去する際にタバコのヤニ汚れの費用負担は誰になるのかについて書いていきたいと思います。

喫煙すると壁や天井が変色

賃貸物件で喫煙をすると壁や天井などが変色します。

タバコを吸う側としては毎日見ているのでなかなか気づきませんが、初めて部屋に来る人からすれば一目瞭然です。

どのくらい色が変わるかは壁に貼ってあるポスターや額をはがしてみると色の違いに気づくと思います。

喫煙すると室内の匂いがなかなか取れない

タバコによる匂いはなかなかとれません。

退去する際の原状回復の費用としても消毒代がかなりの割合を占めています。

不動産会社の退去立会の際に壁紙の変色が軽微なものであれば匂いで判断する事もあります。

タバコを吸ったことにより壁紙やエアコンも全交換し床も張り替えた為、高額な費用が発生したケースもあります。

入居者の入れ替わりで空室になる事は必ずあります。

退去時にどのくらいの費用が発生する?

喫煙をしたことにより壁や床などすべて新しくしないといけない場合は以下の費用が発生してきます。

■クロスの張替 (洋間、クローゼット、玄関、洗濯機置場、トイレ)の壁・天井

張替面積 80.9㎡ 1㎡当たりの張替単価800円の場合 64,720円

張替面積 80.9㎡ 1㎡当たりの張替単価700円の場合 56,630円

■床ワックス剥離(洋間、玄関、トイレ)

面積 16.7㎡ 1㎡当たりの単価900円の場合 15,030円

面積 16.7㎡ 1㎡当たりの単価800円の場合 13,360円

・エアコンクリーニング 8,000円~

タバコを吸わなければ一部の修繕で済みますので、無駄に請求されないように気を付けましょう。

退去時はトラブルは避けたいものです。

こちらの退去時に抑えておきたいことについて書いていますので、参考にどうぞ。

引越す時にトラブルにならないように知っておきたい知識

部屋での喫煙は故意・過失になる

一般的な賃貸契約における喫煙は故意・過失になるといわれています。

ただ、喫煙によるクロスの張り替え費用が必ずしも契約者が全額負担しないといけない言うわけではありません。

どこまで負担するのかは国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で確認できます。

クロスの張り替えの費用負担で重要になるのが経年劣化・減価償却の部分になります。

クロスに関しては長期的に継続して入居しているとクロスの価値はどんどん下がっていきます。

ガイドラインでは入居してから6年経過するとクロスの価値は1円になると記載があります。

つまり喫煙によるクロスの汚れがあったとしてもクロスの張り替え費用は入居年数により請求できる金額が変わっていきます。

結果的に6年以上住めばクロスの価値自体が0円になっているので、費用を請求できなくなります。

退去時の費用負担についてはこちらの記事もどうぞ。

退去時お金かかる?賃貸物件を退去する際の費用の負担

まとめ

この記事では賃貸物件を退去する際にタバコのヤニ汚れの費用負担は誰になるのかについて書いてきました。

賃貸物件を退去する際には基本的に入居前と同じ状態にして返却することが国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によって定められていますが、合わせて経年劣化によりどのくらい負担するのかも定められています。