賃貸物件を退去することを考えると退去時にかかる費用は気になるものだと思います。

賃貸を退去する際には原状回復の基本的なルールによって処理されます。

基本原則1:通常損耗は賃借人負担ではない

基本原則2:通常損耗を超える汚損、破損は賃借人負担

基本原則3:賃借人負担となる修理、交換の範囲と負担割合には合理性が必要

基本原則3の1:修理、交換の範囲「施工単位の合理性」

基本原則3の2:負担割合の合理性

原状回復のルールとしては

汚損・破損:契約前からあったもの→賃借人が原状回復を負わない「賃貸人負担」

汚損・破損:契約後に生じたもの「通常損耗の範囲内」→賃借人が原状回復を負わない「賃貸人負担」

汚損・破損:契約後に生じたもの「通常損耗を超えるもの」→賃借人が原状回復を負う「賃借人負担」

汚損・破損:契約後に生じたもの「賃借人の故意・過失による損耗」→賃借人が原状回復を負う「賃借人負担」

賃貸物件を退去する場合の負担の割合は決まっていますので、原状回復のルールを元に負担になるのか?ならないのかを考えるとよいです。

この記事では賃貸物件を退去する際の費用の負担について書いていきたいと思います。

入居者の負担にならないもの「通常の生活で避けられないもの」

・家具の設置による床・カーペットのへこみ、設置後

・テレビ、冷蔵庫などの後部壁面の黒ずみ「電気ヤケ」

・壁に張ったポスター、絵画の跡などによるクロスの変色

・ポスターやカレンダー等の掲示のために使用した画舫、ピンなどの穴

「下地ボードの張替が不要である程度のもの」

・賃借人所有のエアコン設置による壁のビス穴、跡

入居者の負担にならないもの「その発生について賃借人に責任がないもの」

・畳の変色、フローリングの色落ち、網入りガラスの亀裂

「日照、建物構造欠陥による雨漏りなどで発生したもの」

・エアコンの内部洗浄「喫煙などのによる臭いなどが付着していない場合」

入居者の負担となるもの「通常損耗を超える汚損、破損」

・飲みこぼし等の手入れ不足によるカーペットのしみ

・冷蔵庫下のサビを放置した床の汚損

・引っ越し作業などで生じた引っかき傷

・賃借人の不注意「雨風が吹き込むなど」による畳やフローリングに色落ち

・日常の清掃を怠ったため付着した台所のスス、油の汚れ

・結露を放置して拡大したカビ、シミ

・ガスコンロ置き場、換気扇などの油汚れ、すす

・クーラー「賃借人所有」からの水漏れを放置して発生した壁などの腐食

・喫煙に起因するヤニ等によるクロスの変色、室内への臭いの付着、エアコンの汚れ

・重量物をかけるためにあけた壁等の釘穴、ビスで下地ボードの張替えが必要なもの

・天井に直接かけた照明器具の跡

・落書きなどの故意による棄損

・ペットにより柱などに生じたキズ、付着した臭い

・風呂、トイレなどの水垢、カビなど、日常の不適切な手入れもしくは用法違反による設備の棄損

・鍵の紛失または破損による取り換え

・戸建て住宅の庭に生い茂った雑草の除去



喫煙すると退去時に請求される金額

賃貸物件に住む際には部屋の中で喫煙してしまうと高額な請求をされる場合もあります。

喫煙をしたことにより壁や床などすべて新しくしないといけない場合は以下の費用が発生してきます。

■クロスの張替 (洋間、クローゼット、玄関、洗濯機置場、トイレ)の壁・天井

張替面積 80.9㎡ 1㎡当たりの張替単価800円の場合 64,720円

張替面積 80.9㎡ 1㎡当たりの張替単価700円の場合 56,630円

■床ワックス剥離(洋間、玄関、トイレ)

面積 16.7㎡ 1㎡当たりの単価900円の場合 15,030円

面積 16.7㎡ 1㎡当たりの単価800円の場合 13,360円

・エアコンクリーニング 8,000円~

タバコを吸わなければ一部の修繕で済みますので、無駄に請求されないように気を付けましょう。

まとめ

この記事では賃貸物件を退去する際の費用の負担について書いてきました。

賃貸物件を退去する際にはどの部分までが入居者負担なのかどこまでがオーナー負担なのかは知っておいた方が余分なお金を請求されずに済みます。