冬が近づいてくると寒くなり、あまり部屋から出たくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一人暮らしをしていて隙間風が入ってきたりして寒すぎるとテンションがどんどん下がっていくと思います。

賃貸物件は勝手に中の仕様を変える事もできませんので、できる防寒対策は限られてきます。

すぐにできる防寒としてはカーテンを付け替えるという方法があります。

カーテンはつけてますという方も厚手の生地にものを交換したり空気を通さないような素材に変えてみましょう。

さらに寒さが苦手な方には防寒シートを窓ガラスに貼るという方法もあります。

寒さ対策はいろんな方法でできますが、まずは賃貸物件を借りる際には建物の特徴をしておいた方が良いです。

この記事では賃貸物件で冬の寒さに強いのはどんな建物なのかについて書いていきたいと思います。

マンションは木造に比べると暖かい

木造の一戸建てなどに比べると鉄筋コンクリート造りのマンションは暖かいと言われます。

何故、マンションが暖かいのかと言いますと

・鉄筋コンクリート造は木造に比べて隙間が少ないので気密性が高い

・上下左右が隣家に囲まれているので、外に面する面積が少ない

・木に比べるとコンクリートには熱を蓄える力が大きいので昼間の熱を夜まで持ち越す

マンションは木造に比べると寒くないです。


冬のアパートは寒い

木造アパートは冬は寒くて夏は暑いと言われています。

理由としては気密性が低いからです。

気密性というのは空気の通りやすさの事で外から空気が入りにくく中の空気が外に出にくいほど気密性は高く、空気が出やすければ気密性は低いです。

木造アパートはこの気密性が低く外の寒い風が入ってくるので寒いです。

特に築年数が経過した古いアパートですと気密性が低いのでかなり寒く感じます。

新しめのアパートは断熱材が新しくなったりして気密性が上がってはいますが、鉄骨造やコンクリート造に比べると気密性は低いです。

マンションとアパートどっちがいい?【マンション派】

一般的にマンションはアパートに比べると規模は大きいので、多数の人が住んでいます。

多数の人に紛れて個人の気配をあまり出さずに暮らしたいという人には向いています。

マンションを借りる際には分譲マンション賃貸といったハイグレードなものもあります。

通常の賃貸物件と比べると設備や仕様がかなり充実しています。

また、防寒性だけではなく防音性と防犯性にも優れています。

防犯性に関してはオートロックで外部の侵入者をある程度防げるのと高層階であればベランダから侵入しにくいといった部分でアパートよりも有利になっています。

デメリットとしては家賃がアパートよりも高めになっていますので、家賃重視の方にはあまり向かないです。

マンションとアパートどっちがいい?【アパート派】

同じ築年数や建っている場所や広さで比べると一般的にアパートはマンションよりも家賃が安い事が多いです。

家賃重視でとにかく安く住みたいという方はアパートの方が良いです。

アパートは一棟の世帯数が少ない事が多いので、顔の見えるご近所づきあいが好きな方は向いています。

注意したいのが防音の問題で、比較的に最近の新しめのアパートは防音性の優れた物件も出てきてはいますが、マンションに比べると劣ります。

まとめ

この記事では賃貸物件で冬の寒さに強いのはどんな建物なのかについて書いていきました。

賃貸物件を探す際にはそれぞれ求めるものが違いますが、寒さが苦手な方はマンションの方がオススメです。

あとは家賃や防犯面などトータルで考えた上でお部屋探しはしましょう。