ワンルームマンション投資は物件をただもっているだけでは意味がありません。

所有していれば必ずリスクはついてきます。

最大のリスクとしては空室ですが、この空室時に入居者を募集して管理業務をたゆみなく続けていくことにより安定した家賃収入を受取ることができるわけです。

不動産投資は入居者が入って初めてスタートする投資といっても過言ではありません。

アパート一棟経営に専念しているような不動産投資のプロの大家ならまだしもサラリーマンが副業で行うワンルームマンション経営では管理業務を自分で行うのは厳しいと思います。

そこで重要な役割を果たしてくれるのが不動産管理会社です。

ワンルームマンション経営には入居者募集、家賃滞納者への催促、清掃管理、原状回復などのさまざまな業務がついてきます。

この様々な業務を管理委託手数料を払うことにより代行してくれるのが不動産管理会社です。

特に管理会社で差が出るのが入居者募集のプロセスです。

つまり、入居者募集の広告です。

居室の写真、図面をしっかり載せている会社もあればモノクロでぱっとしない広告で写真も何もない広告をしている会社もあります。

となると結果的に入居募集に力を入れていない為、入居が付くのに時間がかかり家賃が入るのが遅くなります。

こうならない為にも入居募集の力がある不動産管理会社を選ぶ事が重要です。

不動産投資のパートナーになる不動産管理会社ついて書いていきたいと思います。

不動産管理会社とは

不動産管理会社とは、物件の管理や不動産の資産価値の維持を主に業務としている会社の事です。

不動産管理会社は業務内容を大きく分けると

賃貸管理

建物管理

の二通りになります。

例えば、入居者のクレーム対応や家賃の管理などの業務は「賃貸管理」になります。

一方、物件の清掃業務や設備の点検、メンテナンス等は「建物管理」です。


不動産賃貸管理の主な業務

不動産賃貸管理会社の主な業務は以下のようになります。

・入金管理・家賃送金管理

・家賃滞納者への対応

・家賃送金明細の作成

・入居者のクレーム対応

・緊急時のトラブル対応

・法律関係の問題に対する対応

・退去時の立会い

・入居者が退去した際のリフォームの発注

不動産賃貸管理は主に住んでいる方のお世話をすることで、部屋の中の問題に対して対応するのがメインです。

不動産建物管理会社の主な業務

不動産建物管理会社の主な業務としては以下のようになります。

・日常清掃

・エレベーター保守点検

・水槽点検

・消防点検

・修繕工事計画の立案と実施

不動産建物管理会社の主な業務としては共用部がメインで、マンションの外観をきれいに保つ事です。

不動産賃貸管理は賃貸付けの強さが重要

不動産管理会社の賃貸付け(集客)の強さは会社によってまちまちです。

入居率は不動産管理会社を選ぶ際の目安になりますので、注意しておきましょう。

早期の空室解消に自信がある会社ほどホームページや会社案内で入居率を表示していますので注意して見ましょう。

入居募集は戦略的に行う

入居募集に関しては戦略的に行わなければなりません。

家賃が多く取れる事に越したことはないですが、早急に空室を解消する事が先決です。

委託している賃貸管理会社と相談の上決めていくのですが、任せっぱなしでは良くないです。

賃貸管理会社は入居付けを早くする為に家賃を下げる提案をしてくる可能性もあります。

自分自身での家賃の目線を持つ事が大事です。

注意したいのが、投資用の中古マンションを購入する際は入居者が10年以上住んでいるケースもあります。

家賃は新築の時が一番高く、5年から10年の入退去である程度、相場の家賃におさまります。

家賃を下げたくない気持ちはわかりますが、いつから住んでいるかで家賃が高めかどうかの一つの判断となりますので、それを踏まえて家賃を下げるかどうか判断しましょう。


まとめ

不動産投資のパートナーになる不動産管理会社ついて書いてきました。

大切な資産を任せるならしっかりした管理会社を選びたいものです。

特に入居率は不動産管理会社を選ぶ際の目安になりますので、注意しておきましょう。