持ち家を保有している人は住宅ローンを抱えています。

持ち家の住宅ローンの支払いが残っているから不動産投資ができないのかというとそんなことはありません。

住宅ローンの支払いが残っている状態でも不動産投資は行う事ができます。

住宅ローンの支払いをしながら不動産投資を検討している方の中には

・マイホームのローンを払いながら、不動産投資を行う際の注意点が知りたい

・マイホームのローンを払いながら、不動産投資を行っても大丈夫なのか

等を思っている方もいらっしゃると思います。

結論としては、リスクの部分をおさえていれば特に問題なく取り組むことができます。

この記事ではマイホームの住宅ローンが残っているのに不動産投資を取り組む際におさえておきたい事を説明していきます。

マイホームのローンがあっても不動産投資はできる

マイホームを購入する場合は、住宅ローンを利用する方がほとんどです。

理由としては現金で購入するのであれば難しいですし、国の住宅施策でほぼ住宅ローンを利用します。

持ち家がある方が不動産投資ローンを利用して不動産投資ができないという事はありません。

ただ、借金が増えるという事は確かです。

資産を増やすために投資を始めたのに失敗して負債が増えてしまったという事もあり得ます。

まず、注意したいのは借りすぎに注意する事です。

持ち家のローンと不動産投資ローンの借り入れのバランスを考えれば、リスクを抑えて不動産投資を行う事ができます。
サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

不動産投資を始める場合はまずリスクを考える

住宅ローンの支払いが残っている状態で、不動産投資を始める事は可能ですが、不動産投資はあくまでも投資ですので、必ずリスクがついてきます。

最近は会社員の方で、アパートや一棟マンションを購入して不動産投資を始める方も多いですが、不動産投資は金額が大きくなればなるほど、リターンも大きいですが、リスクも大きくなります。

そんな中で、ワンルームマンション投資があります。

ワンルームマンションマンション経営であれば、購入金額も数百万円からありますし、一棟アパートのように何千万も投資するわけではありません。

リスクをおさえたいのであれば、ワンルームマンション投資がオススメです。

住宅ローンの特徴

住宅ローンは国民に住宅の取得を促すという国策が背景としてあり、金利も安く借入期間も長いという他のローンには見れれない借入やすさがあります。

ただ、住宅ローンの借り入れの目安としては年収の8倍となっています。

実際のところこの8倍を超えると破綻するリスクが大きくなります。

そんな中で、銀行などは許容範囲を超えた金額を融資する事があります。

特に上場企業勤務の方や公務員の方は属性が良いと判断されてどんどん貸してくれる傾向にあります。

このような経験をされた方は銀行はお金をいくらでも貸してくれるのだろうと思いがちです。

不動産投資ローンは住宅ローンとは違い審査基準も違い、国の住宅取得の施策もありませんのでいくらでも貸してくれることはありません。


不動産投資ローンの特徴

不動産投資ローンと住宅ローンの違いとしては

・本人の年収などから返済能力を判断

・購入物件がどれだけ収益を生んでくれるかどうかの評価

で融資を受けるので、いくら本人の年収が高くて、勤務先がしっかりしていても購入物件の収益性がなければ融資は受ける事ができません。

金利に関しても通常の持ち家を購入する際に利用する住宅ローンとは違い高めになっています。

まとめ

この記事ではマイホームの住宅ローンが残っているのに不動産投資を取り組む際におさえておきたい事を説明してきました。

持ち家の住宅ローンの支払いが残っているから不動産投資ができないのかというとそんなことはありません。

不動産投資は取り組むことは可能ですが、住宅ローンと不動産投資ローンの借り入れのバランスを考えてから始めましょう。