不動産投資を始めるタイミングは

今がいいのか?

もう少し待ってからがいいのか?

悩むところではあると思います。

この記事では不動産投資を始めるタイミングは?不景気の時に買うのが良い理由について書いていきたいと思います。

不動産投資は不景気の時に買うと良い理由

不動産は数年単位のスパンでは価格が上昇する時期、価格が下落する時期の繰り返しになるものと思われます。

であれば下落した時期に買うべきです。

下落するのは不景気の時です。

不景気の時に買うのは怖いものですが、不動産相場が安いだけではなく、値引き交渉もしやすいというメリットがあります。

不景気の時こそ始めるメリットは多い

また景気を刺激するために金利は低くなりますし、住宅ローン控除のような税制のメリットもついてくる可能性が高いです。

こういった事をすべて考えると不動産か買うが上昇した時期に買う人と下落した時期に買う人では数百万円の差が簡単についてしまいます。

100万円すら貯めるのは難しいわけですから不動産が下落する時期は辛抱強く待つことも必要だと思います。

安く買う事ができればそのあとの下落のトレンドの中でも買った時より高く売るチャンスが来ることは十分期待できます。

高く売ることができれば不動産購入に関するリスクはほとんどなくなります。

万が一、リストラにあったり予期せぬ出来事が起こったとしても不動産を高く売ることができれば生活の立て直し資金を得る事ができるかもしれないです。

家計が破綻する原因の代表格が不動産の購入ですので、現実を直視して冷静に判断することが大切です。

融資を受けれる可能性はゼロではない

不動産投資を始める際は金融機関からの融資を受けれるかどうかがとても重要です。

少し前だったら金融機関も融資するところが多く、物件の価格も高騰している状態でした。

最近では銀行の融資は厳しい状況になっており、投資物件の価格は急落しています。

融資を受けにくい状況ではありますが、まだ融資をしてくれる金融機関はあります。

融資を受ける為のコツとしては単純で、立地がしっかりしているものを選ぶ事です。

不動産を現金で購入するにはいいタイミングがくる!?

最近は融資がつかない影響で物件の価格が徐々に下がってきています。

もちろん、投資物件に限ってですが、ワンルームマンションなどは徐々に下がっていく傾向にあると思います。

さすがに融資がつかないからといって極端に安くはなりませんが、少し前よりは間違いなく安く買える時期がやってくるのではないかと思います。

現金で購入して不動産投資を始めようと検討されている方は少し待ってみると安く購入する事ができるかもしれないです。

まとめ

この記事では不動産投資を始めるタイミングは?不景気の時に買うのが良い理由について書いてきました。

不動産投資を始める場合、あまりタイミングは気にしない方と思います。

何故なら、安く買えたとしてもいい物件出ないと意味がないですし、少し高くても物件が素晴らしければ購入するべきだと思うからです。

突然、いい物件が売りに出るかもしれませんので、物件情報は常に気にしておくことが大切だと思います。