今注目が集まっている不動産投資。

なぜ、注目が集まっているのでしょうか?

最大の理由としては手堅くできるというポイントです。

物件さえ持てば手間をかけずに安定的に収入が確保できることが大きな理由です。

現在は低金利でお金が借りやすく、今後景気が上向けば、地価上昇の恩恵も受けることができると思います。

投資といえば、株式投資、FXも魅力的ですが、時として激しく値が動き、思わぬ損失を招くこともあります。

不動産投資の場合ですと1990年から2000年に地価は大暴落しているので、下落リスクより上昇余地のほうが高いと考えるのも一つのメリットになります。

さらに言いますと家賃はあまり景気の左右されません。

毎月決まった額が手に入るので、安心感も魅力の一つになります。

定期収入を期待できる投資といえます。

この記事では不動産投資の魅力について書いていきたいと思います。

株や為替のように価格が乱高下しない

株式投資やFXのような投資対象の値動きで利益を狙う金融商品は価格が大きく動くと大儲けはできますが、予測と反対に動くと思わぬ損失を被ることもあります。

サムプライムショックやリーマンショックが起きたとき、株価や為替が大荒れになり、多額の損失を抱えた投資家は少なくありませんでした。

それに比べると不動産投資の場合は地価や家賃相場は乱高下しないので安定的かつ継続的に利益を得ることができます。


低金利だからお金が借りやすい

不動産市場では過去10年、低金利が続いているので返済の負担が軽いです。

今後、金融緩和で物価が上がったとしてもお金がだぶつくので急激に金利上昇は考えにくいです。

さらに銀行は融資に積極的になる可能性もありますので高く融資も受けやすいです。

ちなみに不動産投資ローンの金利は2%から4%がメインになっていますので返済計画はしっかり立てる必要はあります。

物価が上がれば地価はもっと上がる

物価が上がれば地価も上がるのが過去の経験則です。

今後物価が上昇していくと地価が大きく上昇する可能性もあります。

今のうちに買っておけば大幅なキャピタルゲイン「売却益」を狙える可能性が期待できます。

つまり、物価上昇に伴い地価も上昇し、安定的に家賃収入を得ることができるばかりか売ってしまえば多額のの売却益も得られることになります。

安くて手頃な物件はある

アベノミクス以降、富裕層はいち早く都心の高額物件に投資を開始しています。

ところが、彼らが見向きもしない手頃な物件は放置されたままです。

まだ、価格は安いのでサラリーマンが投資目的で買うことは可能です。

物価上昇前の今がチャンスといえます。
サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

投資の中でもサラリーマンに最も向いている「不動産投資」

自らがプレイヤーになる必要がないというのも不動産投資がサラリーマンに向いている大きな理由です。

株式投資やFXの場合ですと投資家自身が相場に向き合わないと基本的には利益は得ることができません。

不動産投資は不動産をもっているだけでお金を生んでくれます。

不労所得ですので、本業を持つサラリーマンにとってはピッタリな投資です。

また、毎月の給料収入がある会社員は金融機関からの信用も高いですので、融資を受けやすいという点も大きなメリットです。

個人の信用能力プラス金融機関の評価の高い物件を選ぶことができれば、初期費用も含めた状態で融資を受けれますので、頭金は必要ない場合もあります。

まとめ

この記事では不動産投資の魅力について書いてきました。

不動産投資の大きなメリットは物件さえ持てば手間をかけずに安定的に収入が確保できる事です。

特に本業があるサラリーマンにとっては最も向いている投資になります。