不動産投資を始めるサラリーマンが増えています。

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われており、比較的にリスクを抑えた投資をする事ができるので、人気を集めています。

リスクを抑えて運用する事ができますが、リスクを把握せずに始めてしまい失敗するケースも実は多いです。

不動産投資で成功している人は偶然にそれを勝ち取ったわけではありません。

成功するには理由が必ずあります。

この記事では初心者が不動産投資で失敗しない為にも気をつける事について説明していきます。

中古マンションと新築マンション

新築マンションと中古マンションを比較した場合ですと、自分で住む分には新築マンションが圧倒的な魅力があると思います。

しかし、マンション投資においては新築マンションはあまりメリットがありません。

新築というプレミアム価値は一番初めに住んだ入居者だけが享受できるものであり、そのときは当然家賃は相場より高く計算をされますが、その後は中古の家賃相場に合わせなくてはならない為、新築時のままの家賃で入居者を確保する事は容易ではありません。

当然、家賃を下げずに入居者を募集する事もできますが、入居者が決まらなければマンション投資自体が成り立たなくなります。

新築マンションで不動産投資を始めた場合は家賃が極端に下がり月々の収支バランスが崩れて失敗する可能性が高くなります。

中古マンション投資のリスクについてはこちらの記事もどうぞ。

中古マンション投資の把握しておくべきリスク


単身者向けマンションとファミリー向けマンション

資産価値としてはファミリータイプの方に軍配が上がりますが、リスクを抑えるのであればワンルームマンションの方が良いです。

ファミリータイプの物件は基本的に郊外に建つことが多いです。

ターゲットは当然、ファミリー層になってきますので、周りの環境を重視して物件を探す人が多いです。

また、物件探しの際は一人で住むわけではないですので家族間の話し合いがまとまらずなかなかすぐには決まりにくいです。

単身者層とファミリー層で比較すると単身者層の方が広い範囲で入居者を募集する事ができます。

ファミリー向けの物件は一度入居が決まると平均的に住む期間は長いですが、退去が出てしまった場合に次の入居者が決まるまで時間がかかります。

金額の分で考えてもワンルームマンションは500万円から買う事もできますが、ファミリー物件はしっかりしたものを買うには2,000万円は必要です。

物件の金額が高くなれば当然、支払いも大きくなりますので空室になった時に返済に困り失敗する可能性が出ます。

学生をターゲットとして失敗

学生をターゲットとした不動産投資も悪いわけではありませんが、現在は少子高齢化で学生の数が減っている状態です。

特に郊外の大学の学生をターゲットとした場合は大学がなくなればただの郊外の人気のない物件に様変わりします。

福岡では学部が移動したことによって学生の数が減り賃貸需要が極端になくなってしまうという事例としてはありました。

学生をターゲットとする事は良いですが、社会人と学生といった形で両方の需要がある物件を選ぶ事により失敗する可能性が少なくなります。

高利回りや目先の収益に惑わされない

周辺の家賃と比べてみて高い家賃が設定されているのであれば入居者が入れ替わりなどで家賃が下がるのが分かると思います。

ただ、高利回り物件だと数字だけに惑わされてしまい購入して失敗する方もいます。

家賃もそうですが物件のグレードや築年数をよく見ずに利回りだけに着目して購入すると失敗します。

大事なのは目先の利回りではなく長期的な利回りを重視する事が大切です。

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

まとめ

この記事では初心者が不動産投資で失敗しない為にも気をつける事について説明してきました。

不動産投資はただやみくもに始めて成功するものではありません。

失敗しない為にも様々なリスクを想定して検討しましょう。

こちらの記事でも失敗しない為の不動産の選び方について書いていますので、参考にどうぞ。

投資を失敗しない為に!!賃貸用の不動産の選び方