不動産投資の魅力とは何もしなくても固定収入が入る事です。

不動産投資は様々な不安に答えてくれます。

・老後の生活資金にしたい

・もう少しゆとりのある生活がしたい

・仕事を辞めても子供との時間を大切にしたい

・不動産オーナーという響きがいい

・現在、勤めている会社が倒産してしまっても生活費は必要

何もしなくても入ってくる固定収入が会社からの給与以外で入ってくるとしたらどうでしょうか?

先々、何が起こるかどうかもわからない世の中です。

突然会社がなくなってしまい収入が途切れてしまったとします。

そんな時に不動産収入があったり、副業の収入があったら困ることはないですよね。

毎月、家賃をまるまる受け取るというのは理想ですが、現金で購入しない限り全額家賃収入を受け取ることはできないです。

家賃収入を全額受け取るのは簡単にはできませんが、家賃収入を月に1万円受け取るのは簡単です。

この記事ではマンション投資で家賃収入を月1万円受け取る方法について書いていきたいと思います。

月1万円の家賃収入を受け取るにはローンを利用するのが前提

月1万円の家賃収入を受け取るにはローンを利用して不動産投資物件を購入する事が前提です。

ローンを組んで不動産投資を始める場合はそのローンの目的となる投資物件に抵当権がつけてその物件を担保に融資を受ける事になります。

ローンを組んで投資物件を購入する際にはその物件の担保力と個人の信用能力を合わせた形で融資できる金額が決まります。

個人の信用能力が少し低くても物件の担保力が高ければ、大きな金額の融資を受ける事が出来ます。

例えば1,000万円の投資物件を現金で購入しようとしてお金を貯めるには時間がかなりかかります。

ローンを組んで始める場合はローンの承認さえ下りればすぐに所有する事が出来ます。

ローンを使って購入する訳ですが、ローンの支払いは入ってくる家賃収入で支払っていき完済後には老後の安定収入として家賃収入を受け取る事ができます。

このローンの支払いを他人が払ってくれる家賃で支払い可能ですので、自分自身の財布からお金を出すわけではありません。

物件選びも家賃収入を月1万円受け取るには重要

ローンを利用して不動産投資物件を購入したからと言ってすべての物件で月1万円の家賃収入を受け取れるわけではないです。

月1万円の家賃収入を受け取るポイントとしては

・物件価格

・家賃

・管理費、修繕費、賃貸管理費等

の3点をしっかり計算して購入しなければなりません。

物件価格が高すぎるものだと返済額の方が大きくなり月1万円の家賃は受け取れませんし、家賃が安すぎても月1万円は受け取れないです。

また、管理費・修繕費が高すぎる物件も月1万円の家賃は受け取れません。

マンション投資で月1万円家賃収入を受け取れる物件

ローンを利用して不動産投資物件を購入した場合ですと以下のような物件であると家賃収入を月1万円程受け取る事ができます。

物件価格:650万円

金利:3%

ローン年数:35年

家賃:45,000円

住宅ローンの返済:25,015円

建物管理費:3,000円

修繕積立金:3,000円

賃貸管理費:2,500円

の物件を所有した場合ですが、収入としては家賃45,000円で支出としては

住宅ローンの返済25,015円

建物管理費3,000円

修繕積立金3,000円

賃貸管理費2,500円

ですので月々の収入としては11,485円で年間で137,820円となります。

家賃収入を月1万円受け取る以外のメリット

ローンを利用して不動産投資物件を購入した場合は家賃収入だけがメリットではないです。

■税金を安くする事ができる

マンションを購入して、人に貸して家賃収入を得る場合は、ローン金利、維持管理費などの諸費、建物設備の減価償却費などを不動産投資に必要な経費として計上することができます。

これらの経費が家賃収入を上回る場合、不動産所得が赤字であるとみなされ、確定申告をすると所得税・住民税が安くすることができます。

所得税・住民税は絶対払わないといけないものですが、不動産投資をする事により使う事ができない税金を活用できます。

■生命保険として

不動産投資物件を購入する際に住宅ローンを利用すると、同時に団体信用生命保険に加入します。

団体信用生命保険に加入すると、ローンを利用する方が万が一の事があった場合にもローンの残高を本人に代わって返済してくれる為、残された家族に負担をかける心配はありません。

つまりマンション自体をそのままご家族の方は相続できるので、ご家族の方は相続して家賃収入を得る事ができますし売りに出せばまとまったお金を生命保険でいうところの死亡保険金として受け取る事が可能です。

つまり、この団体信用生命保険が今現在、加入している生命保険の代わりとなりますので、生命保険の見直しが可能です。

生命保険の見直しができるという事は?月々の保険料を安くできますので、今の生活に少し余裕ができます。

まとめ

この記事ではマンション投資で家賃収入を月1万円受け取る方法について書いてきました。

ローンを組んで始める場合はローンの承認さえ下りればすぐに所有する事ができます。

後は家賃収入から支払い分などを差し引いて月1万円が残る物件を選ぶだけです。