不動産を購入する機会って人生のうちに一度か二度くらいだと思います。

例えば、マイホームは人生で一番高い買い物になると思いますが、そんな人生で一番高い買い物をして、あとで後悔はしたくないですよね?

金額が金額だけに大きな契約となりますので、注意点する点がかなりあります。

この記事では不動産購入の契約する際の注意点について説明していきます。

購入申し込みから売買契約までは?

購入したい不動産が決まったら「購入申し込み」となりますが、この申込自体は契約ではありません。

買いたいという意思を表明するものですので、その意思表示に基づいて、細かな条件を話し合ってから合意ができれば売買契約を結ぶことになります。

もちろん、途中で気持ちが変わって購入をやめたくなったら、申し込みは撤回できます。

多くの人にとってマイホームなどの住まいは数少ない大きな買い物でありますので、家族のニーズが変わったり、気持ちの変化があったら営業の人に悪いからなどで躊躇するよりも方針を転換するなど考えなおしましょう。

もし、申込金などを払っている場合は原則として返還されますので、問題ありません。

だからと言って気軽に申し込むわけではなく検討を重ねた上で、気持ちをしっかり固めた上で申込しましょう。
住まいの窓口

売買契約の前にある重要事項の説明

物件が決まり申し込みが完了したら、まず重要事項説明を受けます。

この重要事項の説明は契約の前に必ず行うように、宅地建物取引業法で決まっていますので、宅地建物取引士の資格を持った人が記名押印した「重要事項説明書」を交付を受けて口頭での説明を受けます。

この説明の際には必ず宅地建物取引士が持つ宅地建物取引士証を提示しなければなりません。

法律で決まっている事なので、この説明は行うのが当たり前ですが、中には説明を行わない業者もいるので説明がある事は知っておきましょう。

この説明に納得出来たら重要事項説明書に署名押印して、ようやく売買契約へと進みます。

売買契約書の確認は重要

重要事項説明を受けたら、売買契約書を締結する事になりますが、契約は慎重に結びたいものです。

一度、契約締結してしまうと解約するのは難しくなりますので、どんな契約になっているのかは細かく確認しましょう。

契約に関する書類としては

・売買契約書

・重要事項説明書

・建物の設計図面

・確認申請書

等がありますので、契約を締結する前にチェックしておきましょう。

契約書の中で確認すべきポイントとしては

・物件の所在や土地の面積、建物の概要など

・契約の手続きの期限

・途中で契約を解除する場合や契約を行わなかった場合の取り決め

・ローン特約がある場合はその内容

・特に中古住宅の場合は設備や備品についての取り決め

・建物に欠陥や不具合があった場合の対応

売買契約書には専門用語などが数多く存在しますので、しっかり確認するには時間がかかりますので、ゆっくりと確認しましょう。


契約の解除については知っておきましょう

一度、契約を結んでしまうと、解約するのは大変です。

売買契約をする際に一般的に手付金というものを支払います。

この手付金は契約に対する保証金のようなもので、買う人の都合で契約をやめる場合はこの手付金は戻ってきません。

ただ、この手付金による解約というのは契約相手が契約の履行に着手するまでと定められていますので注意しましょう。

また、マイホームなど購入する際にはほとんどの方が住宅ローンを利用します。

住宅ローンには審査がありますが、ローンの審査に落ちてしまった上に手付金が戻ってこないのはフェアじゃないですよね

こういったローンの本審査に落ちる等の理由による契約解除ができるようにローン特約というものが、契約書にはほとんど盛り込まれていますので、負担なく解約する事が可能です。

ローン特約による契約解除以外に契約不履行による解除と建物滅失・毀損による契約解除があります。

契約不履行による解除は買う側と売る側のどちらかが契約を守らなかった場合は催告したうえで解除が可能で、一般的に契約を守らなかった方が違約金を払うように定められています。

建物滅失・毀損による契約解除は売買契約から引き渡しまでの間に、地震などの天災により買い手と売り手のどちらにも責任のない理由で建物が亡くなった場合や壊れて使用できなくなった場合は危険負担の特約によります。

この危険負担の特約がない場合は、買主に代金の支払いの義務があるので、どのように取り決めしているかどうかは必ず確認しましょう。

まとめ

不動産購入の契約する際の注意点について説明してきました。

購入申し込み=契約

と誤解されている方もいらっしゃるんですが、購入申し込みは契約ではありません。

申込の段階ですと撤回できますのでしっかり理解しておきましょう。

また、契約に進んでいき、解約すると違約金がかかる場合がありますので、契約解除の場合はどうなるのかはしっかりおさえておきましょう!!