不動産を現金で買うという事になれば現実的には難しい方法ではありますが、手持ちの資金がある方は気になる点だと思います。

大半の方がローンを利用して不動産は購入しますが、現金で物件を買って不動産投資を始めた場合にパッと思いつくのがローンの返済が無いので、毎月満額の家賃収入を受け取れる部分ではないでしょうか?

この記事では不動産投資を始める時は現金で購入とローンで購入どっちがいいのかを比較してみたいと思います。

現金購入は金利がないので物件以上の価格で買わなくて済む

ローンを利用しますと必ず金利がかかります。

物件が1,000万円だったとしても金利があるため物件以上のお金を出す必要があります。

どのくらいの金利を払うのかどうかの目安としては

物件の金額:500万円

ローン年数:35年

金利:3%

35年間のトータルで支払う金利は約300万円となります。

仮にローンの年数を10年にすると約80万円の金利になりますので、金利を負担したくないという方はローン年数を短くするという方法があります。

現金購入だと金利が0円ですので、総支払額が安く済むというポイントは大きなメリットです。


現金購入だと貴重な自己資金をすべて使うのがデメリット

現金払いで不動産投資を始めるデメリットとしては手持ちの資金をほとんど使ってしまうというポイントだと思います。

次から次へとお金が入ってくるのであれば手持ちの資金を使い切っても問題はないですが、一般の会社員の方ですとお金を貯めるのに時間がかかると思います。

また、不動産投資だけに手持ちのお金をすべて入れるのはとてもリスクがありますので、ある程度は資金を残した状態で現金購入はした方が良いと思います。

不動産投資の最大の魅力である「レバレッジ」

現金購入で不動産投資を始める場合は「レバレッジ」をかける事ができません。

レバレッジとは少ない自己資金でも購入対象とする物件を担保にして融資を受ける事が可能になる事を言います。

簡単に言いますと、手持ちが500万円の場合ですと500万円以上の投資はできないということになります。

金利の支払いも考え方一つ

仮に500万円の投資用マンションをローン購入した場合の35年間のトータルで支払う金利は約300万円となります。

金利ですが投資用マンションではだれが支払うのでしょうか?

実際に住む持ち家ですと自分自身で払うのが当たり前です。

投資用マンションは持ち家と違い人が住んでいますので、住んでいる入居者が金利と月々の返済をしてくれます。

仮に20年間のうちに1年間空室で家賃が入らなかったとしても金利の負担分はそこまでないですし、物件自体の支払いもほとんど入居者がしてくれます。

住宅ローンには保険がついてくる

住宅ローンを利用して不動産投資を始めると住宅ローンの中に団体信用生命保険という保険をセットする事ができます。

団体信用生命保険に加入すると、ローンを利用する方が万が一の事があった場合にもローンの残高を本人に代わって返済してくれる為、残された家族に負担をかける心配はありません。

つまり不動産をそのままご家族の方は相続できるので、ご家族の方は相続して、売りに出せばまとまったお金を生命保険でいうところの死亡保険金として受け取る事が可能です。

売りに出す事で現金化する事もできますし、そのまま所有し続けて毎月家賃収入を受け取り続ける事もできます。
サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

まとめ

この記事では不動産投資を始める時は現金で購入とローンで購入どっちがいいのかを比較してきました。

現金で購入すると毎月満額で家賃収入を受け取る事ができます。

自分で住む為持ち家ですと現金で購入した方が毎月の返済もないですしいいと思います。

持ち家と決定的に違うのは支払いをしてくれる人が別にいるという事です。

不動産投資を住宅ローンを利用して始めると支払いを入居者がしてくれますし、保険もついてきますので現金よりもメリットが大きいです。