賃貸物件を探す際に家賃や間取り、場所も大切ですが使用できるガスの種類についても知っておいた方が良いです。

ガスはプロパンガスと都市ガスの2種類あります。

「都市ガスだからこの物件がいい」

「プロパンガスの物件は嫌だ」

といった物件を決める際の決め手とはなりませんが、物件を比較する場合の判断材料にはなります。

この記事ではプロパンガスと都市ガスの違いについて書いていきたいと思います。



プロパンガスとは?

プロパンガスはブタンやプロパンガスが主成分のガスで、液化したガスを充てんしたボンベを設置して供給するものです。

プロパンガスは自由料金制なのでガスの価格は販売店により異なります。

プロパンガスのメリットとしては

・都市ガスより熱量が高い

・料金の交渉できる可能性あり

・災害時の復旧が早い

プロパンガスのデメリットとしては

・料金が割高

・料金の変動がある

都市ガスとは?

都市ガスはメタンを主成分とする天然ガスで、地下のガス導管を通じて各契約者の部屋に供給されます。

公共料金の為、プロパンガスよりもガス代が安いのが特徴です。

都市ガスのメリットとしては

・料金が安い

・安全性が高い

都市ガスのデメリットとしては

・熱量がプロパンガスよりも低い

・災害時の復旧は遅い

プロパンガスが高いのは理由がある

プロパンガスは都市ガスと比べてガス料金が2倍になるケースもあります。

プロパンガスはガス代を自由に設定できるので、それを悪用して不当に高いガス代を請求しているガス会社もあります。

自由にガス代を設定できるという部分がプロパンガスの料金が高くなる一番の理由です。

また、プロパンガスの場合はガスボンベを賃貸物件に配送してガスを供給するという方法です。

ガスを届ける為には配送、交換、点検、検査などと供給設備を確認するだけでも都市ガスよりも人件費がかかります。

この費用が毎月のガス代として追加されている事も都市ガスよりもプロパンガスの料金が高い理由の一つです。

アパートはガス料金が高いケースが多い

プロパンガス業界では1997年の液石法改正によって新規参入が許可制から届け出制に変更されたことにより異業種からの参入が一気に増えました。

この時にガス会社が取り組んだのが賃貸物件の大家さんの囲い込みです。

これはアパートの大家さんに給湯器やエアコンなどを無償貸与するサービスなどを武器に自社の顧客として取り込んで、契約によって縛り付けようというものです。

通常は一人暮らし用のアパートの給湯器やエアコンなどの設備を設置するのは大家さんです。

もちろん、大家さんが設置しているので経年劣化で壊れてしまった場合の費用も大家さんが負担しなければなりません。

アパート経営を行う上でガス会社が設備を無償貸与してくれるのであれば大家さんとしてはメリットは大きいです。

ただ、プロパンガス会社も費用を負担した分を回収しなければなりません。

その回収先が入居者からのガス料金です。

プロパンガス会社は全入居者のガス料金を上乗せして長い期間をかけて設置して費用の分を回収するという方法をとっています。

結局、大家さんとしては得していますが、入居者側はガス料金も割高になり得する事はありません。

賃貸アパートで設備がプロパンガスになっている場合はガス料金が上乗せされている場合がありますので、注意しましょう。

まとめ

この記事ではプロパンガスと都市ガスの違いについて書いてきました。

ガスの種類が賃貸物件を決める際の大きな理由とはなりませんが、違いは知っておいた方が良いです。

特にアパートなどの一棟すべてが同じ大家さんの場合はプロパンガスになっている事もあります。

とにかく月々かかる費用を抑えたいという方にはプロパンガスは都市ガスよりも高いという事は理解していた方が良いです。