ニュースでよく耳にする年金ですが、正直なところ、かなり分かりにくい印象があるのではないかと思います。

年金については専門家でも分からない部分があると言われるほど、複雑になっています。

年金のすべてを誰も把握していないというのが年金問題のもっとも闇の部分なのかもしれません。

しかし、よく分からないからと言って年金問題を避けるわけにはいかないですよね?

分からないなら調べるという思考に変えるだけでビックリするくらい人生をお得に生きていく事ができます。

この記事では年金について基本的な部分を書いていきたいと思います。

年金の種類

年金の種類は3種類に分かれています。

【第1号被保険者】

第1号被保険者は国民年金のみに入っている人です。

老齢者

子供

自営業者

【第2号被保険者】

第2号被保険者は厚生年金・共済年金に入っている人です。

厚生年金:民間サラリーマン

共済年金:公務員など

掛け金は給料から天引きされて天引き分と同じ額を会社が出し、一人分の保険料となります。

【第3号被保険者】

第3号被保険者は第2号被保険者の被扶養配偶者です。

夫(第2号被保険者)が代わりに保険料を払っているので、本人が保険料を払う必要はないです。

ただし、夫が定年退職したときなどは第1号に変わります。

年金と合わせて知っておきたいのが介護の問題です。

高齢化による介護負担の増加。介護保険料とは?

の記事もありますので、参考にされてください。

よくある年金についての間違い

厚生年金や共済年金に加入している人は国民年金とは関係がないのではと思いがちですが、関係はあります。

国民年金は別名で「基礎年金」と呼ばれています。

ですので、厚生年金の人も共済年金の人も国民年金には加入していることになっています。

そして、共済年金や厚生年金の配偶者で扶養になっている人は保険料を払わなくても国民年金に加入していることになっています。

国民年金は建前上日本国民全員が加入していることになります。

もらえる年金の金額はねんきん定期便で確認

厚生年金や国民年金の加入者は毎年、誕生日月にねんきん定期便が送られてきます。

このねんきん定期便はその時点で想定される将来の年金額が書かれています。

老後の大切な生活費となる金額ですので、老後のライフプランを立てる上では非常に役立ちます。

年金はどのくらいもらえるかは気になるところですが、詳しくは

年金っていくらもらえるの?

の記事に書いています。

老後の生活費はいくら必要?

生命保険文化センターの調べによりますと夫婦二人で老後生活を送るうえで必要と考える最低日常生活費は平均22.3万円とされています。

ちなみに夫婦二人でゆとりある老後生活を送るための費用は平均で36.6万円です。

今の現状でもゆとりのある老後生活を送る為の費用には程遠いですし、今後はどんどん少子高齢化が進んでいきますので受け取る側が増えて払う側が減っていきます。

つまり年金の受給金額は減っていく可能性が非常に高いです。

老後の生活費に困らない為に今からできる事

の記事で年金対策について書いていますので、どうぞ。

まとめ

この記事では年金について基本的な部分を書いてきました。

年金はとても複雑ですが、現時点でいくらもらえるかどうかはねんきん定期便で確認する事ができます。

その不足分を貯金するなり投資でお金を増やしていくといったライフプランを立てると良いです。