若いうちに持ち家が欲しいという人はいらっしゃると思います。

そういう思いが強ければ強いほど買うなら若いうちの方がお得と考えます。

不動産会社も「若いうちに持ち家を購入した方が退職前に完済もできるのでいいですよ」と提案してくる場合もあると思います。

確かに若いうちに持ち家を購入すると老後に住宅ローンの返済がないのでメリットは大きいです。

ただ、注意すべき点もあります。

この記事では持ち家は若いうちに買った方がお得?必ずお得とは言えない理由について書いていきたいと思います。

若いうちに持ち家を購入をした方が良い理由

若いうちに持ち家を購入した方が良いと言われる理由としては40歳を超えるとローンを組む期間が短くなるという点があります。

一般的に住宅ローンは団体信用生命保険「住宅ローン専用の保険で、民間の金融機関の多くは住宅ローンの貸し出しの条件としている」の保険期間の関係で完済時期を75歳までとする事が多いです。

住宅ローンで設定できる最長期間は35年というのが一般的になりますが、最長で組めるのは40歳までとなります。

ローンを組む期間が短くなれば月々の返済額も大きくなるので、返済額を抑える為に35年ローンを希望する人が多いです。
住まいの窓口

遅い年齢でもローンを組むことは可能

若いうちにでないと住宅ローンは組めないと思う方もいらっしゃいますが、そんなことはないです。

若いうちに住宅ローンを組めば最長で組めるのがメリットですが、遅い年齢でも住宅ローンは組めます。

もちろん、遅い年齢でも最長で組むことはできなくなりますが、45歳の時に30年ローンを組むことは可能です。

ローンの年数は短くはなりますが、遅い年齢になってもその分の頭金を出せばローンの負担を抑えることができます。

若いうちに持ち家を購入する場合の注意点

あまりに若い時期に家を買うとトータルコストが上がるリスクもあります。

例えば30歳の時に家を買うと80歳の時には築50年になっています。

築50年になった我が家を想像すると住めるのかどうかも考えものです。

もちろん、マンションなどですと戸建てよりは見栄えも悪くないですが、すくなくともリフォームは必要になると思います。

若いうちに家を買うのであれば物理的に住むことができない可能性も考えて買わなければならないと思います。

さらに、若い世代だとこれから子供が増えるかもしれません。

それに伴って妻が働けなくなるリスクも出てきます。

妻の収入を前提に若いうちに家を買ってしまうと住宅ローンが払えなくなってしまうかもしれません。

このように若い時期に家を買ったほうが必ずお得という根拠はあまりないと言えます。


まとめ

この記事では持ち家は若いうちに買った方がお得?必ずお得とは言えない理由について書いてきました。

持ち家を買う場合は若いうちでないと損するという事はないです。

持ち家は一生に一度の買い物ですので、頭金をしっかり作ってから、ある程度落ち着いた年齢で購入するというのも一つの選択肢だと思います。