近年、注目が集まっている海外不動産投資ですが、日本では少子高齢化による市場の不安から海外に目を向ける人も多いようです。

海外不動産投資をするメリットとしては高い利回りが期待できるという部分あります。

不動産投資における収益としては

家賃収入によるインカムゲイン

不動産の売却益によるキャピタルゲイン

の2つがあります。

基本的に人口が増加傾向にあり、経済成長も上向きである国の方が収益性は高くなります。

家賃収入によるインカムゲインはアジア新興国を中心として高い経済成長を続けている国々では人口増加によって住宅需要が増加している事と国民所得や物価の上昇とともに将来的にも家賃増加が期待できます。

この記事では海外不動産投資をローンを使って始める場合に知っておきたい事について書いていきたいと思います。

海外不動産投資のメリット【分散投資】

多額の借金を抱えて少子高齢化や経済停滞が目立つ日本において今後は円安が進行していく可能性は高いです。

そんな中で日本の資産のみを保有する事はリスクが高くなりますので、海外の資産を持つ事でリスクを分散する事は大きなメリットになります。


海外不動産投資のメリット【節税効果】

不動産投資のメリットの一つとして減価償却の活用によって節税効果が得られるという点ですが、これは国内の不動産のみではなく海外の不動産においても同じです。

不動産所得において管理費・住宅ローン金利だけでなく建物の減価償却費も経費として不動産所得から差し引く事ができます。

不動産所得は赤字となる場合が多いので他の給与所得などと損益通算が可能でので節税効果が得られます。

海外不動産投資で使える融資【フリーローン】

海外不動産投資に対する融資としてまず考えれるのがフリーローンになります。

フリーローンは銀行から使い道が自由なお金を借りれるものです。

ただ、大きな金額を借りるには大企業に勤めている方や公務員の方などの信用能力が高い事が条件となってきます。

銀行のフリーローンは低金利で限度額も大きく海外不動産投資をするには適しています。

海外不動産投資で使える融資【HSBC】

HSBCとはイギリスに本社がある世界最大規模の銀行です。

日本からですと香港やマレーシアで口座を開設する方が多いようです。

HSBCは世界中でも人気があり利用者も多いので仲介業者が管理を行ってくれるのもメリットの一つでサポートを受けるれる事も多いのでHSBCの融資を検討する価値はあります。

海外不動産投資で使える融資【所有している不動産を担保】

不動産担保ローンというローンもあります。

これは銀行などの金融機関が行っている融資の種類で現在所有している不動産を担保にお金を借りるというものです。

不動産担保ローンの大きなメリットとしては大きな金額を一度の借りる事ができるという部分です。

また、不動産担保ローンは連帯保証人を立てる必要もありませんし、金利も低く設定されています。

注意しないといけないのは不動産の価値が下がってしまった場合は追加担保が必要になる場合もありますし、不動産担保ローンは不動産鑑定にかかる費用や抵当権の登記にかかる費用などがかかりますので、結果的にフリーローンの方が良い場合もあります。


まとめ

この記事では海外不動産投資をローンを使って始める場合に知っておきたい事について書いてきました。

海外不動産投資を始めようとしても先立つものがなければ始める事ができません。

そんな時に頼りになるのが金融機関からの融資ですので、うまく活用できるように抑えておきましょう。