国内ETFと海外ETFは商品の性質は似ていますが、売買する上で細かな点が違います。

投資初心者はそれぞれの違いについてしっかり把握、より効果的な投資対象となるように理解する事が大切です。

この記事では海外ETFと国内ETFって似ているけど、どう違うのか?

ETFをやってみようかなと考えている投資初心者向けに海外ETFと国内ETFの違いについてまとめていきます。

海外ETFと国内ETFは上場している場所が違う

国内ETFが上場しているのは東京証券取引所と名古屋証券取引所です。

国内の株式取引口座を持っている人であれば誰でも取引可能です。

海外ETFの場合はアメリカや中国などそれぞれの国の市場に同じように上場しているので、海外ETFを扱っている証券会社で株の取引口座を作らなければなりません。

海外ETFは商品数が多い

海外ETFは国内ETFに比べると商品数が豊富という特徴があります。

アメリカのダウ工業株をベンチマークする商品があります。

その他の業種によって金融、公共事業、クリーンエネルギー、生活必需品などの業種に関連する企業の株価と連動するもの、小型株市場、複数の国に投資するものなど国内ETFに比べると種類が多いです。

取引コストが海外ETFの方が高い

国内ETFは株式と同じように証券会社によって取引手数料が変わります。

海外ETFも同じ扱いになりますが、国内に比べると手数料は高めです。

ただ、投資信託としての信託報酬もありますので、海外ETFの方が安く収まる場合もあります。

売買の頻度が多ければ国内ETFで売買の頻度が少なく中長期で運用する場合は海外ETFの方が良いです。

海外ETFは取引通貨と取引市場を考慮する

海外ETFは海外の市場で取引することになりますので、証券会社の口座に外貨を用意して運用する必要があります。

為替レートの変動などETF本来の運用以外の点も考慮する必要がありますので、窓口となる証券会社の得意とする外貨や取引市場の状況を考慮する必要があります。

海外ETFは取引口座の種類に注意

国内ETFであれば特定口座で取引できますが、海外ETFは証券会社によっては一般口座でしか取引できないケースがありますので、注意が必要です。

一般口座の場合は源泉徴収や損益換算の計算が必要になります。

海外ETFの魅力

公共事業やクリーンエネルギーなど世界中でも注目が集まっている事業やその分野で活躍する企業をグローバルに選択肢に含める事ができるの点や世界中の小型株式市場の指数に連動するものなど、狙いを定めた海外投資ができるというのは海外ETFの大きな魅力です。

まとめ

この記事では投資初心者向けに海外ETFと国内ETFの違いについてまとめています。

海外に投資すると分散効果があるわけですが、海外ETFには運用対象が多岐にわたっているので投資対象としては魅力があります。

さらにETFの安定性を考えるのであれば日本の経済状況に左右されない投資対象とも言えます。