ネット生保とはインターネットでの通販のみで保険を販売している保険会社の事です。

最近ではインターネット上で申込や各種手続きができるかネット生保の会社が数多くあります。

割安な保険料で加入できるのがネット生保の最大のメリットではありますが、直接営業マンと会って契約する場合との違いは何なのか、本当に安いのか気になる方も多いと思います。

この記事ではネット生保のメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

ネット生保が安い理由

ネット生保の最大の魅力は保険料が安いという部分です。

何故、対面型などの人と会って契約する場合と比べて保険料が安いのでしょうか?

これは生命保険の保険料の仕組みの違いにあります。

生命保険の保険料は

「純保険料」

「付加保険料」

の2つで成り立っています。

純保険料というは契約者が保険会社に支払う保険料のうち将来の保険料の支払いに充てられるものです。

付加保険料は各生命保険会社の経費にあたるもので、人件費や広告宣伝費などに充てられます。

付加保険料については各保険会社が自由に決める事ができます。

対面型保険の場合は生命保険の提案を行う営業職員の人件費がかかるのに対して、ネット生保は商品の内容をシンプルにしており、ウェブサイトをみれば補償内容が分かりやすくなっています。

さらにインターネットでの申込をする事で事務手続きを効率化しているので、付加保険料を抑える事ができます。

付加保険料を抑える事で保険料が安くすることができるわけです。

ネット生保は保険料を安くできるという事が一番のメリットです。

こちらの記事にも保険選びのポイントについてまとめています。

生命保険を見直す時の保険選びのポイント

ネット生保のメリット

ネット生保は保険料が安いこととウェブサイトの内容が充実しているので、保険の営業職員を呼ばなくても年齢と性別を入れるだけで保険料が簡単に試算できます。

また、申込書などを手書きで書くのはかなり大変ですが、申込書を書かなくても手順に沿って入力していけば簡単に契約に必要な情報を入力できます。

さらに家族構成や収入を入力する事により必要保障額を算出できるので保険の事があまりわからない方にとっても便利です。

ネット生保のデメリット

ネット生保にもメリットがあればデメリットもあります。

それは専門家に相談せずに自分自身で情報を取得する必要がある為、本当に必要な保障額が分からずに契約をしてしまう事もある事です。

本当に必要な保障額は自分自身でよく調べて加入しないといざという時に保障が足りないという大問題が発生する事もあります。

また、加入する際には健康状態の告知事項がありますのでこれ誤って答えてしまうと保険金を請求する際に「告知義務違反」となり保険料を受け取る事が出来ない場合がありますので注意が必要です。

生命保険の必要性をよく理解する事が大切

保険は万が一の時の為に必要とされるものです。

周りの保険料がいくらだからそれに合わせて保険に入ろうというものではありませので、どのくらいの保障が必要かどうかの考え方によって保険料は決まると思います。

ただ、生命保険料をどのくらい払っているかを知る事によって一つの目安となると思います。

中には無駄に生命保険に加入して高い生命保険料を払っているが、実際のところはそんなに保障が必要がないケースもあります。

また、毎月の生命保険料を安くすることを重要視しすぎて保障が足りない場合もあると思います。

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によりますと希望する保障額は男性が5,000万円で半数以上が保障が足りないという回答になっています。

この保障額から見てもいざという時に家族のために多額のお金を残してあげたいという意図が見えてきます。

ただ、保障額が足りないと言ってもどうしても避けられない問題があります。

それはもっと多額の保険金を掛けたいが、保険料が高くなるために断念せざるを得ないという事です。

保険料を支払うには限界がありますので、大きな保障を受ける為には保険だけでなく他の方法で補わなければなりません。

例えば、貯金で補う方法などがあります。

万が一の事に備える事は大切ですが、何も起こらない事もあるわけですから保険だけ重視するのではなくバランスよく人生設計する事が大切です。

まとめ

この記事ではネット生保のメリット・デメリットについて書いていきました。

ネット生保は保険料が割安というのはかなりのメリットです。

足りないものというのは必要な保障額がいくらなのかを提案してくれるコンサルティングを受ける事が出来ないという部分です。

保険商品を素人が100%理解するのは難しい話ではありますが、本当に必要な保障額は各世帯で違ってきますので、必要な保障額はいくらなのかをまずよく知る事から始める事が大切です。

保険について勉強して理解するのも良いですが、時間のない方はFPなどの生命保険の専門家に相談した方が早いです。

提案の内容が納得いくものであれば、前向きに検討すればいいですし、あまりしっくりこないのであれば他のFPに相談すればいいです。

関連記事

保険に入る際の注意点。いざ必要な時に困らない為に
保険コネクト