生命保険の見直しが話題になる中で従来は終身保険などの特約として付加されていた医療保障について、単独で加入できる医療保険がテレビなどで紹介されています。

医療保険商品は多くの会社で扱っていますが、比較する際のポイントがあります。

この記事では医療保険商品の比較する際のポイントについて書いていきたいと思います。

医療保険とは何か?

医療保険は病気やケガによって一定の日数以上入院をした場合や所定の手術を受けた場合に

・入院給付金

・手術給付金

として保険金が支払われる保険です。

医療保険には

・特約型

・独立型

の二つのタイプがあります。

どちらも病気やケガによる入院や手術に対する保障(給付金)などがある保険です。

特約型と独立型の違いは主契約として単独で加入できるかどうかという事です。

その他、一般的に特約型よりも独立型医療保険の方が保険料は高く、その分保障が手厚いという事が挙げられます。

特約型医療保険では病気やケガで入院する場合には5日目以降に入院給付金が受け取れるものが一般的であるのに対して、独立型医療保険は1日目から入院給付金を受け取れる保険商品もあり、人気です。

また、特約型の場合は主契約部分の保障が終了した時点で特約部分の保障がなくなるのが一般的です。

独立型医療保険のタイプ

少子高齢化の進展によって夫婦2人または一人で老後生活を送る場合も増えています。

あた、平均寿命が延びていますので、生きていく為、に必要な保障として独立型の医療保険が求められてきています。

独立型の医療保険は

・終身型

・全期型

・更新型

の3つのタイプがあります。

独立型医療保険の3つのタイプ

■終身型医療保険

生涯にわたる医療保障を特徴とする医療保険。

保険料は払込期間を通じて一定で、払込期間について「終身払い」のタイプと払込期間を限定した「有期払い」があります。

■全期型医療保険

保障期間を10年満期とか80歳満期などど設定する医療保険で、保険料は払込金を通じて一定です。

■更新型医療保険

加入時の保険料を安くした医療保険で、更新する度に保険料が上がります。

90歳まで加入「更新」が可能な商品もあります。

保険料は保証期間中は一定となります。

医療保険の比較ポイント

医療保険は様々な会社が扱っており、どこを基準に選べばよいのか悩むところです。

医療保険を選ぶ際はポイントがありますので、自分なりの基準を持って選びましょう。

①保険料の金額

保険料は他の条件が同じなら、死亡保障や解約返戻金、配当のないタイプの保険料が安くなります。

②入院給付金の対象在院日数

入院給付金の対象となる在院日数は次第に短期となる傾向にあります。

現在の主流としては1泊2日以上です。

さらに、日帰り入院すら対象にしている保険もあります。

③入院給付金の支払い限度

入院給付金の支払い限度日数には一回の入院についての支払い限度日数と通算しての支払い限度日数があります。

選択式で1入院120日・通算700日または1入院240日・通算1,000日など

となっているものもあります。

この他にも医療保険には保障の部位を制限しているものがあったり、入院しなかったときに祝い金「ボーナス」が支給されるものもあり、様々です。

入院時のお金の負担を抑えたい方はこちらの記事をどうぞ。

入院する事になった時のお金の負担を抑える方法

まとめ

この記事では医療保険商品の比較する際のポイントについて書いてきました。

医療の発展により、入院する期間は短くなっている傾向にあります。

入院が短期化していく中で、必要以上の医療保険に入ってしまっては損をしてしまう場合もありますので、自分にとってどのくらいの保障が必要なのかをよく考えて検討しましょう。
保険コネクト