新生活を始める際にお部屋探しをされたことがある方は多いと思います。

新生活をスタートする時期としては特に3月後半が多いと思います。

この時期が引っ越しの繁忙期と言われており、一年の中で賃貸物件の市場が活発になる時期になります。

この時期には引っ越しの料金も割高になります、実はお部屋探しの際の家賃もこの時期が一番高いです。

3月の時期にどうしても引っ越ししなければならない場合は仕方がありませんが、特に時間が決まっていなくて、今より条件の良いお部屋を探すのであれば避けたい時期になります。

この記事ではお部屋探しにベストな時期について説明していきます。


引っ越しを避けたい時期は?

3月と4月は新生活を始める方が多い時期ですので、引っ越しのピークの時期になります。

この時期ですと、引っ越し料金も高くて引っ越し業者の予約を取るのも大変になります。

賃貸物件の家賃の相場も通常よりも高くなりますので、家賃をとにかく抑えたいという方は避けた方がいい時期です。

ただ、この時期はお部屋探しをする方も多いですが、お部屋を出る方も多い時期ですので、通常なら満室で借りる事ができないお宝物件の空きが出る可能性も高いです。

とにかく家賃よりも物件の質を重視される方には良い時期かもしれません。

お部屋探しのベストな時期は?

おすすめのお部屋探しの時期としては

5月:引っ越しのシーズンも落ち着いており混雑がない為、落ち着いて物件を見て回る事ができます。

6月:天候があまり良くなくて物件探しも面倒な時期ではありますが、引っ越しの料金も安く、不動産屋さん落ち着いている時期です。

7月:この時期は引っ越し業者も不動産屋さんも一番、暇な時期になります。

8月:とにかく暑い時期なので、引っ越しも少ないので費用も安い時期になります。

この5月~8月くらいがお部屋探しのベストな時期になります。

この時期はあまり賃貸物件が動かないのと引っ越し業者も暇な時期になりますので、費用的な部分の交渉がききやすいです。

引っ越しシーズンを避けると交渉面でも有利

賃貸物件のオーナーで1月現在で空室の場合ですと、なんとかこの時期に入居を決めたいと思っています。

この時期に入居が決まれば、通常よりも高い家賃を取る事ができるので重要なタイミングになります。

ただ、この時期を逃してしまうと正直なところ入居が付きにくいという物件もあります。

例えば、学生向けの地域にある物件は1月から3月末までの時期をがしてしまうと、次に入居が付くのは来年になるかもしれないといった不安感が出てきます。

比較的に1月から3月までに入居が決まらなかったらオーナー側としても少し焦りが出てくる為、初期費用の分を抑える条件交渉(通常は礼金2ヵ月のところを1か月にする等)も応じてくれやすいです。

賃貸経営をしているオーナー側しての注意点

お部屋探しのベストな時期5月から8月の間になりますが、賃貸物件のオーナー側としては1月から3月が重要な月になります。

学生をターゲットにした物件(近くに大学などがある物件)の場合ですと特に重要です。

この時期に入居が決まらなければ、次の入居が決まるのは次の年になる可能性が高くなります。

オーナー側としてもこの時期の賃貸募集は戦略的に行わなければなりません。

例えば、欲張って家賃を高く設定しすぎたりとか、礼金を多く取ろうとしたりすると入居が決まりにくいです。

家賃は高く取れる傾向にあるこの時期でも欲を出さずに、常識のある範囲で家賃は設定しましょう。

まとめ

お部屋探しにベストな時期は5月~8月になります。

この時期であれば、比較的に家賃も安く抑えれますし、引っ越し費用も安くできます。

また、賃貸物件のオーナー側としては1月から3月が重要な月になります。

賃貸経営を始める場合は学生をターゲットした場合は学生の入居者を確保できなかった場合は苦労しますので対策としては

学生も社会人もターゲットにできる物件を所有する

募集時の家賃設定を間違えない

この二点を注意して物件を所有しましょう。