一人暮らしを初めてする時に住む部屋のパターンとしてはマンションかアパートかのどちらかになります。

たまに戸建の賃貸もあるんですが、数が圧倒的に少ないのと一人暮らしで選ぶ人は少ないので省略します。

マンションとアパートのイメージとしては

■アパートのイメージ

・木造

・2階建て

・誰でも入ってこれる

・道路から家のドアが見える

■マンションのイメージ

・オートロックがあり安全そう

・建物が高い

・なんとなく高級感がある

といったイメージではないでしょうか。

アパートとマンションという言葉はよく聞きますが、この二つの言葉の違いを具体的に答えれる人は少ないと思います。

実はアパートとマンションの区別については明確に定められた定義がないです。

不動産の情報が載る登記簿謄本にも建物の構造、面積は記載がありますがアパートとマンションと言った記載はありません。

ではどのように決められているかと言いますと

不動産会社などの物件を取り扱う企業のそれぞれの社内規定によりアパートとマンションは分けられています。

基準となるのはその建物が木造か鉄筋コンクリートで作られているかどうかといった構造で判断されているようです。

その他の基準としては2階建てはアパートで3階建てはマンションと区別しているところもあるようです。

初めて一人暮らしを始める際にマンションとアパートはどっちがいいのでしょうか?

これは個人の好みの問題ではありますが、それぞれの特徴やメリットを見ていき総合的に判断する方法が良いです。

初めての一人暮らし。住むならマンションとアパートどっちが良いのかについて書いていきたいと思います。


アパートに住むメリット

アパートのメリットとしては最近のアパートはデザイナーズでお洒落な外観のものが多いですので、外観を重視される方にとってはいいと思います。

新築のマンションと比較しても家賃がアパートの方が圧倒的に安いので家賃を抑えて綺麗な部屋に住みたい方にとっては向いていると思います。

その他のメリットとしてはマンションですとエレベーターがありその住民共同で使いますので、待つ時間が発生します。

時間がなく忙しい方にとってはアパートはすぐに外に出れますので時間の短縮にはつながります。

アパートに住むとなるとロフトがついている物件が多いです。

ロフト付きのアパートってどうなのか気になるところです。

ロフト付きアパートについては

賃貸物件でロフト付きアパートは住みやすい?住みづらい?

の記事をどうぞ。

マンションに住むメリット

マンションはアパートよりも設備や建物の構造のグレードが高いです。

アパートと大きく違うのが防犯上の問題です。

オートロックや廊下、エントランスに防犯カメラが設置されておりセキュリティ上ではマンションのほうが安心感があります。

アパートに住むデメリット

アパートに住むデメリットとしてはセキュリティ面が甘いのと騒音などのトラブルに巻き込まれやすい事です。

マンションのようにオートロックがあるわけではありませんので、誰でも簡単に建物内に進入できます。

最近ですと監視カメラなどの設備を廊下などに設置しているアパートもありますが、築年数が経過したアパートは設置している事は少ないです。

音に関しても築年数が経過した古いアパートに多いですが、隣のテレビの音や会話が聞こえたり、最悪の場合はいびきの音が聞こえることもあります。

隣に少し神経質な方が住んでいたり迷惑な入居者が住んでいる場合は些細なことでトラブルに発展することも多いので注意が必要です。

マンションに住むデメリット

マンションに住むデメリットとしては防犯性が高い分、アパートよりも比較的に家賃が高めという部分です。

部屋の広さに関してもアパートですと部屋に梁や柱などが出っ張ることはないですが、マンションの場合は柱や梁で圧迫感がある場合もあります。

その為、アパートと同じ平米数なのにマンションの方が狭く感じることもあります。

まとめ

初めての一人暮らしで住むならマンションとアパートどっちが良いのかについて書いてきました。

家賃がある程度出せてセキュリティを重視するのであればマンションがいいです。

アパートは家賃をとにかく抑えたくて、比較的に新しめの物件に住みたい方には向いています。

アパートの場合は特に注意したいのが音に関するトラブルです。

実際にアパートに住んでみたことがありますが、個人的には音がかなり気になったのでマンションをお勧めします。

仮にマンションにしたとしますと家賃をいくらにして間取りはどうするか?という事を考えなければならないです。

一人暮らしを始める場合必要な費用は?間取りは?家賃は?

の記事でご紹介していますので、参考にどうぞ。