医療保険のテレビCMなどで保障が一生涯続く終身医療保険という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

現在、定期付終身保険にかわり、医療保険が生命保険の主役の座につきつつあります。

生命保険会社や損害保険会社は次々と新商品を開発しています。

こんな中でひときわ目立つのが終身医療保険です。

この記事では終身医療保険のメリットとデメリットについて書いていきます。

保障が一生涯で保険料も生涯同額

終身保険では保障が一生涯続き契約時と同額の保険を規定の期間払い込みます。

この仕組みは終身医療保険でも同じで、終身医療保険の場合は終身払い込みが一般的です。

誰でも健康には多少不安があると思いますが、代表的な保障内容を見てみますと

支払い条件:ケガや病気で入院したとき

(ケガ・病気それぞれ1入院60日、入院初日から通算1,095日まで保障)

給付金額:10,000円

支払い条件:所定の手術を受けた時

給付金額:1回につき20万円または5万円

支払い条件:先進医療による療養を受けたとき(先進医療給付特約)

給付金額:先進医療にかかる技術料と同額

といったものが代表的なものです。

終身医療保険の保険料の目安は?

終身医療保険は入院や手術保障が一生が続き、ケガ・病気による入院が初日から保障されるタイプになります。

入院の有無にかかわらず所定の手術を受けた際には一定の給付金が支払われます。

保険料の目安(保険料払込期間:終身 先進医療給付特約:10年更新)を見てみますと以下のようになります。

年齢:30歳(男)保険料:3,477円

年齢:30歳(女)保険料:3,397円

年齢:40歳(男)保険料:4,587円

年齢:40歳(女)保険料:3,967円

年齢:50歳(男)保険料:6,307円

年齢:50歳(女)保険料:5,137円

終身タイプですので保険料は一生涯変わりませんが、先進医療給付特約は10年更新ですので更新の際は変更になります。

医療保険を選ぶ際のポイントについてはこちらの記事をどうぞ。

医療保険商品の比較する際のポイント

入院給付金の支給期間

入院給付金の支給期間が長いものは当然、保険料も割高になります。

年齢階級別に平均在院日数(厚生労働省・平成26年患者調査)によりますと平均在院日数は短縮傾向にあり総数で31.9日となっています。

入院給付金選びの参考になると思います。

また、入院患者総数の70%を65歳以上が占めており40歳未満は8%にとどまっています。

終身医療保険の注意点

保険料が一定であるのは大きなメリットですが、デメリットの部分もあります。

■医療や新しい保険商品の変化に対応できない

終身医療保険は一度契約したら保険料はもちろん、契約した保障内容も変わりません。

医療が進歩したことにより保障内容が変わる点や、新しい種類の医療保険が発売された場合はその内容に対応できません。

■定期医療保険と比べて若い時の保険料が高い

一生涯で考えると月々の保険料は終身医療保険の方が安いのですが、若いうちの短期間では定期保険の保険料の方が安くなります。

若い時に一時的には医療保険に備えて老後の医療費は貯蓄で備えるといったように短期間の保障しか必要ない場合には定期医療保険のほうが向いていると言えます。

今後の終身医療保険の方向性

生命保険各社は中高年層に焦点を絞った新商品の開発に力を注いでいる感があります。

背景としては30歳代前後を対象としている従来の主力商品の頭打ち傾向があります。

従来型保険でカバーしきれない中高年層向けの商品を充実させることにより活路を切り開く狙いもあるようで、今後はさらなる商品開発が期待できます。

まとめ

この記事では終身医療保険のメリットとデメリットについて書いてきました。

終身医療保険は一度契約したら保険料はもちろん、契約した保障内容も変わらないというのが大きなメリットです。

デメリットとしては医療が進歩したことにより保障内容が変わる点や、新しい種類の医療保険が発売された場合はその内容に対応できないという部分です。

保険料に関しても一生涯で考えると月々の保険料は終身医療保険の方が安いのですが、若いうちの短期間では定期保険の保険料の方が安くなりますので状況に合わせて考えましょう。
保険コネクト