会社に長く勤めていくと入社した当時よりも年収は上がっていきます。

年収が上がる事により生活レベルも上がっていくのが普通だと思います。

年収が1,000万円あって家賃2万円の風呂ナシのアパートに住んでいるという方はあまりいらっしゃらないですよね?

生命保険の見直しをする際には現在の生活レベルも加味して行った方が良いと思います。

極端ではありますが、年収1,000万の生活をしていたのに一家の大黒柱がいなくなった為に年収200万円の生活になってしまった家族の事を考えるとつらいです。

特に小さいお子さんがいらっしゃる家庭ではしっかり考えておかないといけません。

生命保険の見直しというと保険料を安くする事だけだが目的と考えがちですが、本当に必要な保障とはいくらなのかを考えるタイミングでもあると思います。

この記事では年収が上がると生命保険の見直しをした方が良い理由について書いていきたいと思います。

生命保険の役割

生命保険の役割は自分に

病気・ケガで死亡

入院など

があった場合に経済的損失(収入がなくなった場合)を補填する」ものです。

もし死亡してしまった場合に家族は路頭に迷うことになりますよね?

その家族が困らないようにする為のものでもあります。

万が一の事があった時に残された家族にはどのくらいの保障が必要なのかを考えておくことが重要です。

ライフスタイルが変わり、収入が増えた場合は保険を見直すタイミングです。

年収が高くなると平均保険料も変わる

年収別の平均保険料は以下の通りですが、年収が上がると保険料も高くなるのが分かります。

・年収300万円未満で月額平均1.45万円

・年収300~500万円未満で月額平均1.63万円

・年収500~700万円未満で月額平均1.75万円

・年収700~1000万円未満で月額平均2.05万円

・年収1000万円以上で月額平均3.07万円

男性と女性の保険料を比較

生命保険文化センターが実施した【生活保障に関する調査】(個人調査)によると

◇年間払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)

男性 平均 24.1万円

女性 平均 18.2万円

払っている金額の割合的には男性が12万~24万円未満で女性は12万円未満が一番多くなっています。

月々の平均の保険料としては男性が2万円くらいで女性が1万円程ですね。

ただ家族構成によってもちろん金額は変わってきます。

1世帯当たりで年間41.6万円で月額35,000円の保険料を支払っています。

この数値から見るとけっこう生命保険にはお金をかけてる方が多いようですね。

生命保険の見直しをする前に必要保障額ついて考える

必要保障額の設定は保険を選びの前提となる大切な作業です。

必要保障額はもしもの場合のその後の家庭の生活に必要な金額です。

配偶者が亡くなるまで、もしくは子供が成長するまでの支出額から、金額を引いたものが、もしものときに必要な金額となります。

必要保障額は支出から収入を引くことにより計算する事ができます。

支出-収入=必要保障額

これが保険の契約時点での保険金額になります。

支出【配偶者が亡くなるまで、子供が成人するまで】

①生活費

②住宅関連費用

③教育費

④葬祭費用など

収入【配偶者が亡くなるまで、子供が成人するまで】

①国からの年金の合計

②会社の退職金など

③残された家族の収入

④手元にある貯金などの資産

大まかな項目を出してみましたが、支出-収入で計算してみると必要保障額がわかります。

まとめ

この記事では年収が上がると生命保険の見直しをした方が良い理由について書いてきました。

生命保険の見直しはライフスタイルの変化に応じて行った方がいいと思います。

年収が上がった時も見直しのタイミングだと思いますので、必要保障額をしっかり計算してみましょう。
保険コネクト