生命保険料って毎月どのくらい払っているのか気になるところです。

家族構成や考え方によっては保険料は変わってくると思いますが、生命保険に新しく加入する方はどのくらいの保険に加入したらいいのかわからないものです。

まず保険は必ず必要なものではありません。

お金が余るほどある人にとってはわざわざ保険に入る必要はありませんが、あまりお金が余っている人はいらっしゃらないと思います。

保険は万が一の時の為に必要とされるものです。

周りの保険料がいくらだからそれに合わせて保険に入ろうというものではありませので、どのくらいの保障が必要かどうかの考え方によって保険料は決まると思います。

ただ、生命保険料をどのくらい払っているかを知る事によって一つの目安となると思います。

中には無駄に生命保険に加入して高い生命保険料を払っているが、実際のところはそんなに保障が必要がないケースもあります。

また、毎月の生命保険料を安くすることを重要視しすぎて保障が足りない場合もあると思います。

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によりますと希望する保障額は男性が5,000万円で半数以上が保障が足りないという回答になっています。

この保障額から見てもいざという時に家族のために多額のお金を残してあげたいという意図が見えてきます。

ただ、保障額が足りないと言ってもどうしても避けられない問題があります。

それはもっと多額の保険金を掛けたいが、保険料が高くなるために断念せざるを得ないという事です。

保険料を支払うには限界がありますので、大きな保障を受ける為には保険だけでなく他の方法で補わなければなりません。

例えば、貯金で補う方法などがあります。

万が一の事に備える事は大切ですが、何も起こらない事もあるわけですから保険だけ重視するのではなくバランスよく人生設計する事が大切です。

この記事では生命保険料はどのくらい払っているのか?平均的な保険料について書いていきたいと思います。

 

この記事の内容

1.男女別の平均の年間保険料は?

2.世帯平均年間保険料は?

3.年収別の平均保険料

4.死亡保障金額の平均は?

5.まとめ

保険コネクト

男女別の平均の年間保険料は?

生命保険文化センターが実施した「生活保障に関する調査」によりますと、年間払込保険料(個人年金保険料の保険料を含む)は

男性で平均24.1万円

女性で平均18.2万円

となっています。

金額の分布で見ますと

男性は「12万円から24万円未満」

女性は「12万円未満」

が一番多くなっています。

世帯平均年間保険料は?

生命保険文化センターが実施した「生命保険に関する全国実態調査」によりますと1世帯あたりの年間払込保険料(個人年金保険の保険料含む)は

平均41.6万円となっています。

金額の分布としては「12万円から24万円未満」が17.7%と一番多くなっていますが、続いて「24万円から36万円」16.4%、「12万円未満」13.9%の順になっています。

年収別の平均保険料

年収別の生命保険料の平均としては

年収300万円未満:月額平均1.45万円

年収300~500万円未満:月額平均1.63万円

年収500~700万円未満:月額平均1.75万円

年収700~1000万円未満:月額平均2.05万円

年収1000万円以上:月額平均3.07万円

といった統計が出ています。

年収が高くなると保険料も高くなる傾向にあるようです。

死亡保障金額の平均は?

平成22年度の生命保険センターの生命保険の加入金額について調べた資料によりますと死亡保障金額の平均は

男性が平均2043万円

女性が平均944万円

といった結果になっており男性が女性の2倍以上の保険金を受け取れるような保険に入っていることが分かります。

まとめ

この記事では生命保険料はどのくらい払っているのか?平均的な保険料について書いていきました。

平均的な数字は自分自身の保険料が払い過ぎなのか足りないのかの目安にはなりますが、「世間の平均保険料」と「自分にとっての最適な保険料」を区別して適正な保険に入るようにしましょう。
保険コネクト