2018年4月に生命保険料の改定が行われます。

2018年は死亡保険の保険料が下がるという事になりました。

昨年の2017年は4月に、終身保険、学資保険などの生命保険料は値上げされていますが、2018年4月からは生命保険各社の長寿化に踏まえ死亡保険の保険料を下げという結果になっています。

2017年の4月は保険料が上がる結果になった原因としては予定利率の変化によるもので、2018年の改定は予定死亡率の変化によるものです。

予定死亡率はある生命保険に加入した人のうち、何人が死亡して保険料を支払う事になるのかという数値です。

これは日本アクチュアリー協会という公益社団法人が算定している「標準生命表」をもとに決められますが、この生命表が病気の治療法や早期発見の技術進歩により長寿化の影響を受けて2018年4月に改定となるわけですが、簡単に言いますと今までより日本人は長生きになったので、それに合わせて保険料を変えようというのが2018年4月の保険料改定のポイントです。

この記事では生命保険料が4月から値上げと値下げの理由などについて説明していきます。

 

この記事の内容

1.生命保険料はなんで上がったり下がったりするの?

2.生きているだけでもお金はかかる

3.死亡保険以外の保険はどうなる?

4.生命保険に入るタイミングはいつがベスト?

5.まとめ

 

 

生命保険料はなんで上がったり下がったりするの?

生命保険の保険料はおもに保険会社による保険料の運用がうまくいくかどうかで決まります。

生命保険会社は契約者か預かった保険料を元手として、国債などで運用して利益を上げながら将来的に契約者に支払う保険料を確保していきます。

生命保険の予定利率というのは保険会社が契約者から集めた保険料の運用で見込む利回りの事を言います。

生命保険会社の運用がうまくいっていれば効率的に資金を増やす事ができ、生命保険会社に余裕が生まれるわけですので、その分保険料を安く設定する事ができるのです。

その一方で生命保険会社の運用がうまくいかなければ、資金を増やす事ができないので生命保険会社は資金繰りが困難になる為、その分、生命保険料は高くなります。

生命保険会社が契約者から集めた保険料の運用で見込む利回りである運用利率だけで生命保険料を決めるわけではありません。

生命保険会社が運用する諸経費である予定事業費率や契約しに万が一の事が起こる確率の予定死亡率等も考慮したうえで生命保険料を決めます。

その中でも特に生命保険料の設定を大きく左右するのは予定利率であり、予定利率がよければ生命保険会社の運用はうまくいっていることになります。

生きているだけでもお金はかかる

今回の2018年4月の死亡保険料が下がる事はいい事ですし、日本人は長生きになったので、それに合わせて保険料が下がるのは良いです。

ただ、どんどん日本は長寿国になっていっているという事です。

長生きのリスクというのはご存知でしょうか?

当然のことながら、寿命が延びる分だけ生活費もかかってきます。

元気であっても、寝たきりであっても、病院に行ったり施設に入ったりと、何かとお金がかかってしまい預金が枯渇する可能性だってあるわけです。

だからこそ現役のうちに預金をしたり、働かなくても収入を得られる方法を考えないといけないわけです。

死亡保険以外の保険はどうなる?

標準生命表の改定に伴い、死亡保険の保険料は下がるわけですが、保家の保険商品は注意が必要です。

死亡率が下がる事はいい事ですが、一方では高齢者が増えて、その結果、病気やケガになるリスクは高くなります。

結果的に生命保険会社が支払う入院費や手術給付金の支払い総額が今より増える可能性が高くなるため、死亡保険以外の保険は上がる可能性が高く、保険会社によって上がる商品と上がらない商品が混在します。

生命保険に入るタイミングはいつがベスト?

4月から死亡保険の生命保険料は下がるという形になります。

当然、生命保険料の支払いは抑えたいところですが、生命保険はいつでも同じように入れて、同じように役立つものではないです。

いつ入るかというタイミングは重要になってきます。

生命保険の保険料は高い安いも気にしつつ、本当に必要な時に入るという事を重要視しましょう。

生命保険料が安くなるタイミングを待っていて、その間に生命保険が必要な時期が来てしまってはまったく意味がないですし、基本的に生命保険料というのは年齢が高くなればなる程、合わせて保険料も高くなりますので、若いうちに加入しておいた方が安くなります。

まとめ

この記事では生命保険料が4月から値上げと値下げの理由などについて説明してきました。

今までより日本人は長生きになったので、それに合わせて保険料を変えようというのが2018年4月の保険料改定のポイントです。

人生、100年の時代が来ていることがこの改定により実感できます。

長寿国になることは良いことですが、長生きのリスクも高くなるという事は認識するべきです。

本当に必要な生命保険を選び万が一の時に備える事と合わせて、老後の生活のお金の準備もしっかりしましょう。