生命保険は万が一のために加入するものですが、病気やケガ、あるいは死亡時にまとまった金額を受け取る事ができて、治療にかかる費用も保障されるので、残された家族も安心というのが生命保険のメリットです。

生命保険というのはネットで調べて人気だったからこれに入ったとか保険の営業に勧められるまま入るものではありません。

家族構成や自分自身の考え方によって必要な保険は変わってきますが、保険は必ず入らないといけないものではないです。

お金が使い切れないほどあるのであれば、万が一の事があっても何とかなるものです。

ただ、そんなお金がありあまっている方というのは一部の人たちだと思います。

生命保険は万が一の事があった時に備えるものであり、その為に生命保険の加入者同士でお金を出し合って助け合うという互助会の精神で成り立っています。

ただ、最近は必要ではない生命保険に入っているケースも多くて、今の生活を圧迫しているケースも多いです。

会社員の方が毎月給与から払っている社会保険料も実は保険です。

日本の社会保障制度は充実しているのである程度の保障はカバーできます。

社会保険料を払っている分と同じ保障内容の保険に入ってももったいないですよね?

社会保障制度を理解したうえで生命保険を検討する事も大切なことです。

生命保険の代わりになるものとしてマンション経営は生命保険の代わりになります。




マンション経営を生命保険として考えた場合の大きなメリットとしては

・マンション経営の場合は入ってくる家賃収入で生命保険料を支払う

・万が一の事があった場合は、そのまま貸しても遺族年金のように、家賃収入を毎月、受けとる事ができる

・無借金のマンションが残るので売って現金化する事もできる

 

生命保険に加入する場合ですと必ず保険料は発生しますが、その保険料の支払いを家賃でやっていくので、負担がないです。

保険料を払う事なく大きな保障を受けれるという事は大きなメリットです。

この記事では生命保険の代わりとしてのマンション経営について説明していきます。

マンション経営には生命保険の代わりになる

まず、団体信用生命保険という保険をご存知でしょうか?

マイホームを購入する際に住宅ローンを利用すると、同時に団体信用生命保険に加入します。

団体信用生命保険に加入すると、ローンを利用する方が万が一の事があった場合にもローンの残高を本人に代わって返済してくれる為、残された家族に負担をかける心配はありません。

つまり持ち家自体をそのままご家族の方は相続できるので、ご家族の方は相続して、売りに出せばまとまったお金を生命保険でいうところの死亡保険金として受け取る事が可能です。

マンション経営でマンションを購入する際に住宅ローンを利用すると、同じく団体信用生命保険に加入します。

団体信用生命保険に加入すると、ローンを利用する方が万が一の事があった場合にもローンの残高を本人に代わって返済してくれるという部分は同じです。

マイホームの団体信用生命保険との違い

持ち家をローンで購入した時と比べて決定的に違う点は2つあります。

■持ち家の場合は住宅ローンを自分で払うがマンション経営の場合は入ってくる家賃収入で支払う

■万が一の事があった場合は、そのまま貸しても家賃収入を受けとる事ができる「現金化する事も可能」

この2つが大きく違いますが、もちろん持ち家を賃貸として貸すことも可能ですが、もともと住む目的で選んだ物件と貸す目的で選んだ物件では違ってきますので、貸す目的で選んだ物件の方が、安定的に家賃収入は取れます。

生命保険の落とし穴

生命保険は大きく分けると

定期保険

養老保険

終身保険

の3つに分かれます。

このうちの定期保険は万が一の事があった場合の保証は大きいですが、貯蓄性はない保険になります。

死亡時に保険料が支払われる終身保険や満期時に支払われる養老保険は貯蓄性はありますが、その分保険料が高くなります。

また、定期保険にの保障に関しては保険期間までになり、保険期間終了後は一切の保障は受けれなくなるという部分が不安材料です。

終身保険は保険期間が一生続き、保険金は死亡時に必ず受け取る事は出来るのですが、加入者本人はその恩恵を受ける事ができません。

養老保険なら保険期間中に死亡した場合は満期時のどちらかで保険金が受け取れる事ができますが、その分、他よりも保険料が高くなります。
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】

まとめ

マンション経営を生命保険の代わりとした場合、大きなメリットとしては生命保険料を月々負担しなくても保障が受けられるという事と掛け捨ての定期保険に入った場合ですと、万が一の事がなかった場合は払った保険料が無駄になるという結果になります。

マンション経営の場合は、ローン完済後には不動産という資産自分のものになり、不労所得として家賃収入を受け取る事ができますので、非常に効率よく生命保険の効果を受けながら資産形成もできますのでおすすめです。