賃貸物件を探していると「入居中」「退去予定」などと書いてあることがあります。

賃貸物件には人が住んでいては内覧するのは難しいです。

マイホームを探す際ですと現在の住んでいる人(所有者)の方の立ち合いで部屋を見せてもらえる事はあります。

賃貸の場合ですと内覧させてもらう為の交渉をしても中を見る事はできないです。

入居中の退去後に部屋の中を見せてもらうか、部屋の中を内覧せずに決めるかのどちらかになります。

この記事では現在の入居中の賃貸物件の部屋の中を見ないで決めるのはありかどうかについて書いていきたいと思います。

優良物件は中を見なくても決まる

入居中の物件を内覧せずに契約する事を「不見転契約(みずてんけいやく)」といいます。

投資物件の場合は入居中で内覧できないですが、投資物件の売買などではよくある事です。

入居中の賃貸物件の場合も優良な物件であれば不見転契約はありだと思います。

入居中の賃貸物件の中にはなかなか空かない空けばすぐに決まるという物件も存在します。

そういった物件は入居者がいる状況でも申し込みが入り契約となります。

一人暮らしを始める際の費用、間取り、家賃については

一人暮らしを始める場合必要な費用は?間取りは?家賃は?

こちらの記事もどうぞ。


毎年1月~3月は早い者勝ち

毎年1月~3月は賃貸物件がかなり動く繁忙期になります。

4月から新しい生活を始める学生さんやサラリーマンの方の多いです。

この時期は賃貸物件の争奪戦になりますので、余裕のある部屋探しは出来ません。

もしこの時期にどうしても部屋探しをしなければならないのであれば入居中で部屋の内覧できなくても決める覚悟は必要です。

自分がいいなと思っている物件は他の人もいいなと思っていると考えておいた方が良いです。

繁忙期は物件がなくなるのが早い

賃貸の営業担当は「早くしないとなくなるから契約した方がいいですよ」という営業トークをしてくることがあります。

「またまた~そんなに早く決まるわけないだろ」と思う方が大半だと思います。

ただ、繁忙期の「早くしないとなくなりますよ」は本当の話です。

実際に私も賃貸仲介の営業をしていた時になくなるのが早いのを身をもって体験しました。

通常ですと内覧する部屋をある程度、絞って現地を見て部屋が決まったら会社に戻って申し込みを書くという流れです。

繁忙期に賃貸物件の決まるスピードが恐ろしく早い為、内覧が終わって会社に戻っている間に他の会社から申し込みが入っていたという経験を何度もしたことがあります。

この賃貸の繁忙期の場合はゆっくり部屋を見て決めるような時間がないので内覧できなくても決める方が非常に多いです。

賃貸の繁忙期に関しては営業マンの営業トークではなく実際に物件がなくなるのが早い事を知っておいた方が良いです。

繁忙期は引っ越し費用も高めになっています。

賃貸物件を借りた後は引越し。引越しの費用ってのくらい?

引越しする際の費用などについてはこちらの記事で紹介しています。

賃貸の繁忙期はお宝物件を見つけれるかも

賃貸の繁忙期は部屋を探している人も多いですが、お部屋から出るという退去者も多くなります。

この時期はゆっくり物件を見る時間もないので避けるべきではありますが、退去者が多い分お宝物件が空予定で出る可能性もあります。

なかなか空かなかったお宝物件が急に空くこともありますので、日ごろから物件をピックアップしておき、空いたらすぐに申し込みを入れるというスタンスをとっている人もいます。

スピード重視ですので、日ごろから特定の不動産屋さんに根回ししておくのもひとつの方法です。

物件探しを依頼する不動産会社によってもいい物件を見つけられるかどうかが変わりますのでこちらも参考にされてください。

お部屋探しをする際に気をつけたい不動産会社選び



どうしても中が見たい場合は別の部屋を見る

検討している入居中の賃貸物件の場合は同じ建物の別の部屋が空いている事もあります。

他の部屋が空いているのであれば別の部屋を内覧して実際の部屋が内覧できなくても気に入ったら決めましょう。

ただ、注意点としては広さが違ったり反転タイプだったりします。

ワンルームマンションの場合ですと別の部屋を見ればある程度、部屋の中の感じをつかむ事ができます。

ファミリータイプの物件の場合で入居中で内覧できない場合はお部屋が広い分部屋の間取り図をもとにしっかりチェックしなければなりません。

まとめ

この記事では現在の入居中の賃貸物件の部屋の中を見ないで決めるのはありかどうかについて書いてきました。

立地や間取りやバルコニーの向きなどをしっかり確認しておけば内覧せずに決めるのはありだと思います。

それでも内覧せずに決めるのはちょっとという方は同じ物件の他の部屋が空いているがありますので、他の部屋を見せてもらいましょう。

他の部屋を内覧することができれば極端に部屋の中が違うことがないですし、実際の部屋の間取りの図面と照らし合わせて確認することにより失敗する事はないです。