投資信託って何なのか?

投資信託って株式投資とはどう違うの?

なんか難しそうだし何をどうしたらいいのかわからないというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

この記事は投資信託とはどういったものなのかを説明します。

投資信託とは?

投資信託は投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめる事により

運用のプロであるファンドマネージャーが株式や債券などに投資しその運用実績

で生まれた利益を投資した人に還元するという商品です。

簡単に言うと、多くの人のお金をまとめてプロが運用する仕組みです。

この仕組みのおかげで一口10,000円であっても数千の銘柄の株式に

分散して投資したのとほぼ同じになります。

個人で株式投資などを始めるとちょっと心細いですが、運用のプロに任せる事

によりリスクを抑えて投資ができるという事です。

投資信託の特徴は?

■少ない資金で始める事ができる

なんと100円から投資する事が可能です。

株式投資の場合ですと企業の株価によって購入しますので

株価が一株600円としても、1,000株単位でしか買えない場合は

最低でも60万円は必要となりますので株式投資より手軽に始めれます。

■運用のプロに任せる事ができる

株式投資にしてもそうですが、何か資産運用を始める場合は

必ず知識が必要ですし、学ぶ時間は必要です。

投資信託は資産運用のプロであるファンドマネージャーが

投資家に代わって行ってくれますし、投資の状況をレポートに

まとめて報告してくれますので、運用状況を把握する事ができます。

投資の細かい部分を一から勉強する必要はないので時間がない方には

適していると思います。

■分散投資でリスクを抑える事ができる

株を購入する場合は1つの銘柄だけに投資していた場合に企業の業績悪化等で

株価が下がってしまうとその影響を直で受けてしまうので損失を負ってしまう

可能性があります。

一つの株に投資するより2つに分けて投資するのが理想です。

株を買う場合にA株だけでなくB株も買っていれば、A株が価値が下がっても

B株があればリスクを半分にできますよね?

投資は「一つのカゴに卵を盛るな」という格言があるように

リスクを分散する事が大事になってきます。

株式投資の場合は複数に分けて投資する事もできますが、資金がかなり必要

になるんですが、投資信託においては少ない資金で複数の銘柄に資金を分けて

投資する事によってリスクを軽減する事ができます。

■個人では投資が難しい国等に投資できる

投資信託は国内外の株式や不動産、債券などを組み込みます。

幅広い範囲で資産を組み込みますので個人投資家の方が投資するには困難な

発展途上国の株式や債券などを対象とした商品もあります。

投資信託の注意点

投資信託はプロに運用を任せて投資を行いますので運用してくれた対価として費用を払う必要があります。

コストとしてかかる費用には3つの費用があります。

①販売買付手数料

投資信託を購入する際にかかる手数料で手数料率は購入価格の0~3%となります。

比較的に大手の証券会社よりもネット証券の方が安くなります。

②信託報酬額

投資信託を持っている期間中は毎日支払われる費用です。

プロに任せるので運用してもらう代わりに報酬を支払います。

ファンドによって金額の差はありますが年利約0.05~3%かかります。

信託報酬だけ高くて運用実績が悪いようでは話になりません。

③信託財産留保額

これは投資信託を売る時に他の投資家の為に投資信託内に置いていくお金です。

投資信託は多数の投資家から集めたお金をまとめて運用しています。

現金を株などの変えていますので、売る時にすぐにお金に変えれるわけではありません。

株式などは売る時に手数料がかかったりしますのでいろいろと費用は発生します。

この費用自体を今後も投資信託を持ち続ける人たちだけで負担するのは不公平になります。

そこで解約する人には罰として信託財産留保額を払ってもらうという内容です。

投資信託には元本保証はない事に注意

銀行預金と比較するとわかりやすいんですが、銀行は預けたお金は必ず引き出せます。

投資信託は運用実績が上がらず値下がりしてしまった場合、購入額を下回り損を出してしまう事もあります。

いくらプロに任せるといってもプロにも失敗はありますので保証があるものではありません。

投資信託は手数料が高い

昨年、金融庁の金融審査会で金融機関が投資商品の販売で受け取る手数料の在り方について

議論していましたが、特に投資信託の手数料自体は高く不透明と指摘していました。

実際のところ日米での売れ筋投資信託の手数料を比較すると

アメリカ 0.59%

日本 3.2%

となっており、見ての通り約5倍以上の手数料がかかっております。

投資というとお金が増える事に対しては興味が一番ある部分ですが、増えても

手数料など出ていくお金はあまり見ない傾向にはあると思います。

いくら収入が増えても支出も増えたらまったく意味がないと思いますので

手数料には注意するべきだと思います。

まとめ

投資信託は初心者の方にとっては魅力的な商品ではあります。

知識なしではなかなかお金も増えませんし、一番難しいのは学ぶ時間を確保だと思います。

どんな株を選んだらいいのかわからに方もプロに任せる事はできます。

投資金額も少額から取り組めますし、分散投資できるのはかなりのメリットだと思います。

コストが高い事と元本保証がないというリスクは当然ついてきますので

しっかり理解して取り組んでみる事が大事だと思います。

投資信託についてはこちらの記事もどうぞ。

分配金が多い投資信託に注意。知っておきたい事