一般的に不動産投資を行う場合は不動産会社に足を運んで物件を選んで始めるわけですが、リートは証券会社に上場している投資信託の商品ですので証券会社の口座とインターネットの環境があれば投資を始める事ができます。

不動産投資を始める上で、物件を購入する実物投資を行う場合はまとまったお金が必要になりますが、リートの投資信託を活用すれば1万円程度ではじめることができます。

リートの仕組みは不動産への小口投資を可能にした投資商品で、個人投資家が不動産に投資する場合にワンルームマンションからアパート一棟までさまざまな投資対象がありますが、資金規模からおのずと直接投資できる対象は限られます。

リートを通じて投資をすれば都心一等地の大型ビルに投資する事も可能です。

リートが普及する前は一等地の大型ビルに投資するには南百億円という規模の資金が必要でした。

個人投資家の不動産投資では小口で投資できるマンションアドが中心で、大型ビルへの投資は困難でした。

このリートの普及により状況が変わり、今では小口資金でもリートを通じて大型の不動産に投資する事が可能となりました。

この記事では不動産投資信託としての「リート」と「ETF」の比較していきます。

リートとは?

リートは不動産投資法人が投資家から集めた資金をマンションやオフィスビル、商業施設など複数の不動産に投資する、会社型の投資信託です。

投資法人というのは投資を目的とした法人です。

会社型投資信託では投資法人を設立し、投資家から集めた資金をもとに、不動産の保有・運用を行います。

ただ、業務自体は外部に委託する事が定められています。


リートのメリットまとめ

不動産に直接投資をする場合は投資用マンションなどを購入するのに1,000万円以上かかる事もあります。

リートなら銘柄によって異なりますが、一口10万円~100万円程度でとうし可能です。

リートのメリットをまとめると以下のようになります。

・直接投資するより少額で投資ができる

・不動産のプロに運用してもらえる

・複数の不動産に分散投資できる

・リアルタイムで売買が可能

・分配金の配当率が高め

・NISAの対象商品

こういったメリットがあります。

上場している投資信託「ETF」とは?魅力は?

特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数などの動きに連動する運用成果を目指して東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

ETFの魅力としては投資信託と株式投資の両方のメリットを併せ持っている事です。

投資信託のように少額の投資資金で本格的な分散投資ができて、さらに株式投資のようにリアルタイムな時価で売買できます。

投資家にとってはまさに一挙両得の商品です。

ETFのメリットとしては

・いつでも売買できる

・リアルタイムな価格がすぐに確認できる

・少額から国際分散投資が可能

・銘柄によっては1株から取引が可能

デメリットとしては

・上場廃止や繰上償還の恐れがある

・価格乖離を考えて取引する必要がある

・手数料や信託報酬が必要になる


通常の投資信託とETFの違い

通常の投資信託は証券会社や銀行に申し込みをして購入しますが、上場投資信託(ETF)は買い方が少し違います。

上場という名前から想像できるようにETFは証券取引所に上場していて株と同じ方法で注文を出して買う事ができます。

通常の投資信託ですと、申し込みをした当日または翌日の基準価額で約定します。

ETFは取引所が開いている時間であればリアルタイムで取引可能ですので、指値注文もできます。

まとめ

この記事では不動産投資信託としての「リート」と「ETF」の比較してきました。

現物不動産投資とリートをハードルの高さやリスクの大きさで比較するとリートの方がハードルが低く、リスクも低くなります。

ETFは個別リートで購入するよりも分散投資が聞いていると言えます