インデックスファンドとは、市場平均(ベンチマーク)と同じような動きをする運用を目指すファンドです。

インデックスファンドのメリットとしては

株や投資信託は何千もの銘柄から有望な投資先を選ぶ事になります。

投資経験がある方には楽に感じると思いますが、初心者にとっては投資先を選ぶのは大変です。

その点インデックスファンドの場合は日経平均株価などの株価指数と似た動きをするシンプルな商品ですので、投資先選びにかかる手間が減ります。

インデックスファンドのの多くは日本株式、日本再建、外国株式、外国債券など様々な投資先を商品化しているので、自分のニーズに合わせた投資をしやすいです。

さらに、購入時手数料が無料、運用管理費用が比較的安い、資金流入があるので規模が大きくなっているなど、積み立ての投資に適しています。

この記事では初心者におすすめな資産運用はインデックス型投資信託について説明していきます。

投資信託のメリット

投資信託のメリットはたくさんありますが、大きなメリットとしては以下の二つです。

・プロに資産運用を任せる事ができる

・少額から分散投資ができる

投資信託はプロに資産運用を任せる為、銘柄選びや売買のタイミングの判断を自分でする必要がありません。

自分では投資するのが難しい外国株式や債券、不動産、金などにも投資ができます。

少額で分散投資できるのもメリットで株式投資で分散投資をしようとするといくつも株を買う必要があるので銘柄選びの時間や元手が必要です。

投資信託なら自分で銘柄を選ぶ必要もなく少額で分散投資をする事ができます。

分散投資によるリスクヘッジ

例えば、株だけに投資をしていると、企業の株価が暴落したら大損となります。

分散投資でいろいろな株や債券に投資していれば、ひとつの投資先で損が出たとしてもカバーできますし、リスク分散できます。

投信積立なら500円から購入可能

投資信託は10,000程度で購入できるものがほとんどです。

株だと、株価×最低購入株数が購入費用ですので投資するには10、20万円は必要でが、投資信託なら少額で購入できます。

さらに少額で始めたいという人は少ない資金でいくつかの投資信託をもって分散投資したいという方におすすめなのは、毎月決まった日に決まった金額で投資信託を買い続ける投信積立です。

投信積立でおすすめはインデックスファンドの組み合わせ

信託報酬が安く投資先がシンプルなインデックスファンドを組み合わせるのが、オススメの投資手法です。

少額で分散投資できるというメリットを最大限に活かすことができるからです。

積立投資は長い期間商品を運用して、利益を積みあげていく投資法です。

証券会社によっては積立件数が多い投資信託情報を出しているところもありますので、確認してみましょう。

インデックスファンドの購入

資産運用を始めたいけど、どうやっていいのかわからないと悩む方は多いと思います。

そんな時にインデックスファンドの購入がおすすめです。

市場平均と同じ動きをする指数に連動する運用を目指す投資信託ですので、株や経済の知識があまりない投資初心者でも手軽に始める事ができて安定的に運用できる最適な方法です。

運用次第ではコツコツと資産を増やす事も可能です。

まとめ

この記事では初心者におすすめな資産運用はインデックス型投資信託について説明してきました。

投資経験がある方は投資先を選ぶのは慣れているので、楽に感じると思いますが、初心者にとっては投資先を選ぶのは大変です。

どうやっていいのかわからないと悩む方にとってはインデックス型投資信託がオススメです。