投資初心者が投資先を選ぶ際に必要なのは儲かる投資先を選ぶ事ではなく、リスクの大きい投資先を避ける事です。

投資を始める際にはいろんな種類の投資商品がありますので、せっかく投資を始めるんだから一発儲けたいという気持ちはわかりますが、なかなかうまくいくものではありません。

もちろん投資になれてきて、十分な知識をつけた上でリスクの高めの商品に手を出すのは良いと思いますが、投資初心者はリスクをよく理解する事と堅実に資産を増やしていく為の知識をつける事が大切です。

投資初心者はまずは世の中にはどんな投資商品があってそれぞれの投資商品のリスクとリターンについて知る必要があります。

この記事では投資初心者が注意したい投資商品について説明していきます。

投資初心者がまず気を付ける事

投資初心者が投資先を選ぶ際に必要なのは儲かる事ではなく、まずはリスクの許容範囲の投資商品を選ぶ事です。

投資初心者はコントロールできないほどのリスクの大きい投資先は避けるべきです。

投資初心者が注意すべき投資商品【FX取引】

FX(外国為替証拠金取引)取引とは円、ドル、ユーロなどの通貨を売買する事により利益を得る取引です。

FX取引の取引の特徴としてはレバレッジをかけることによって手持ちの資金の何倍ものお金を運用する事ができます。

レバレッジとは他人のお金を利用して自己資金以上の取引を行う事でテコの原理とも呼ばれています。

FX取引はレバレッジを効かせることにより少額の自己資金でも多額の利益を出す事も可能です。

ただ、レバレッジをかけた分だけ大きな損失を被る事になりますので、投資で利益を上げるどころか負担しきれない損失を被る事もあり得ます。

投資初心者が注意すべき投資商品【先物取引】

先物取引というのは金、エネルギー資源、農産物などの商品を将来のある一定時期に一定価格で売買する権利を取引するものです。

例えば、現在の価格よりも将来の商品価格が上がっていると予想すれば「現在の価格で買う権利」に投資をします。

修礼の価格が下がりそうだとすれば「現在の価格で売る権利」に投資します。

先物取引もレバレッジを効かせる事ができますので少額の資金でも多額の商品を売買する事が可能です。

先物取引が初心者に向かない理由としてはレバレッジをかけすぎると損失も拡大する事になりますし、株式市場と比較すると先物取引市場はプレイヤーが少ない為、値動きが大きく、先物取引自体に関する投資情報が少ないという点が挙げられます。

投資初心者にはレバレッジの効かせすぎに注意

投資初心者は過度のレバレッジを利用した投資商品に手を出してしまうと失敗する可能性が高いです。

失敗から学ぶこともあるのでしょうが、失敗が大きすぎて元に戻れない場合もあります。

何も知識がないままFX取引を始めたとすると周りは百戦錬磨の投資家ばかりです。

FX取引でレバレッジを利用した場合自己資金以上の損失が出た場合は強制的にロスカットされてしまいます。

証拠金がすべてなくなるだけではなく不足金が出てしまう事になります。

手を出してはいけない不動産投資

不動産投資でも手を出してはいけない場合があります。

それは郊外の一棟アパートや区分マンションを購入する事です。

郊外の物件は不動産の価格も安く投資利回りも高くなるので魅力的ではあります。

利回り20%越えという物件も存在しますが、長期的に見た場合どうでしょうか?

入居者がいるうちは良いですが、いずれ退去がでます。

そうしますと次の入居が決まらず絵に描いた餅になってしまいます。


まとめ

この記事では投資初心者が注意したい投資商品について説明してきました。

投資初心者はリターンが高い商品には気を付けた方が良いです。

投資は100%儲かるというものではありませんので必ずリスクはついてくると理解したうえで取り組みましょう。