不動産投資を行う際に生命保険と同じ効果を受ける事が可能です。

これは保険料を支払う代わりに不動産のローンを返済すると不動産が手に入り、さらに生命保険の保障を受ける事ができます。

投資用の不動産を購入する場合は購入したと同時に家賃収入が月々入ってきます。

ローンを利用して投資用不動産を購入する場合はローンの返済を家賃収入で行っていきます。

そのローンの中に生命保険がセットされている為、不動産投資をローンで始めると生命保険もついてくるという結果になります。

この記事では生命保険の代わりになる不動産投資について説明していきます。

ローンに団体信用生命保険がついている

不動産投資を始める場合はまずは収益不動産を購入する必要があります。

資金が余るぐらいある方はまた別ですが、多くの人は物件を現金で購入するのは難しいと思います。

そこで利用するのが不動産投資ローンになります。

不動産投資ローンを利用する場合はそのローンに団体信用生命保険がついてきます。

この保険の内容は返済する人に万が一の事があった場合はこの保険からローン残債が完済されるという仕組みになります。

ローン返済額には団体信用生命保険の保険料も含まれています。

つまり、団体信用生命保険の保険金によって無借金の不動産が残るので、実質上の生命保険効果があるというわけです。

不動産収入は所有者が亡くなった後も続く

団体信用生命保険によりローンが完済されて無借金となった不動産が事実上の保険金として遺族に残ります。

所有者が亡くなったからといって家賃収入がストップするわけではありません。

収益物件に入居者がいる限りは不動産収入は続いていきます。

ローンの返済もないので、家賃収入は遺族のものとなるので生命保険に加えて遺族年金のような効果も期待できます。


もともと生命保険に入っていたら保障が重なる事に注意

不動産投資ローン利用する事により新たな生命保険に加入する事になるのであれば、これまでに生命保険に加入していた分の既存の生命保険との関係性も考えなければなりません。

今、現在加入している保険は自分が死亡してしまった場合の為に生命保険に加入していることが多いです。

保険金は死亡して収入が途絶えてしまった場合でも残された家族が生活していくために必要な費用をまかなえるように計算されているはずです。

不動産投資を始めた場合、今までの生命保険を見直ししないと必要以上の保険に加入してしまっている形になりますので、注意しましょう。

不動産投資には保険にないメリットもある

不動産投資の保険効果敏江注目したいのは所有者が亡くなり高度障害といった万が一の事態にならなくても保険に近い効果が得られるという事です。

定年退職後には本業からの収入がなくなりますが、投資用不動産を持っていると家賃収入は入り続けます。

老後の備えとして保険に個人年金のオプションをつける人もいますが、不動産投資はその個人年金保険の代わりにもなります。

生命保険料を削減できた場合のメリット

団体信用生命保険の加入により不要になった生命保険を削除した場合について考えてみましょう。

生命保険の保険金を削減するとその分、保険料が安くなり保険料の支払い負担が減る事になります。

例えば月々15,000円の保険料を20年間払い続けた場合の保険料を削減できた場合ですと360万円削減できたという事になります。

このように保険に過剰に加入している場合は、保険料の節約につながるとう直接的なメリットがあります。

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

まとめ

この記事では生命保険の代わりになる不動産投資について説明してきました。

事実、不動産投資は生命保険の代わりになるという理由で始めている人は多くいます。

不動産投資ローン利用する事により新たな生命保険に加入する事になるのであれば、これまでに生命保険に加入していた分の既存の生命保険の見直しをしなければなりません。