2015年の相続税改正により基礎控除額の計算方式が変更され相続税の支払い対象者が多くなりました。

これまでは5,000万円+ (1,000万円×法定相続人数)だったのが3,000万円+ (600万円×法定相続人数)まで縮小されました。

そのため一般のサラリーマンも相続税の支払い対象者となります。

この記事では相続税対策をうまくやる方法として何故、ワンルームマンションが有効なのかについて書いていきたいと思います。

相続税が発生すると大変な事になる

金融資産の条件前後のサラリーマンが対象内の相続税増税は万が一ご主人が早期に亡くなってしまった場合、奥様やお子様は相続税を払う必要が出てくる可能性も十分考えられると言うことです。

その為、1億円程度の貯金残高と持ち家、生命保険や個人年金等みなし相続財産があった場合相続税は容赦なく課税されます。

もしそうなった場合残された奥様の生活は安泰とは言えません。

遺族年金は支給されますが当然、奥様やお子様は相続税を払う必要が出てくる可能性も十分、考えられると言うことです。

そうなると満額の年金がもらえず老後の生活資金は大幅に減ります。

相続税対策にはワンルームマンションが有効

そういったリスクに対して現金を不動産ワンルームマンションに変えて、財産評価を下げたり生前贈与活用することで相続税を払うリスクはかなり軽減されます

時価で評価される貯金や株などの有価証券だけではリスクになります。

不動産をポートフォリオに組み込むことで相続税の課税に対してのリスク回避ができるため効果的な手段として検討する人が増えています。


アパートよりもワンルームマンションが有効な理由

せっかく買うならアパートの方がいいのではないかと考える方もいらっしゃると思います。

ただ、相続税対策としてはワンルームマンションの方が良いです。

アパートよりもワンルームマンションが相続税対策に適しているのは、土地の持ち分が少ないためです。

相続は地面に高い建物が建った方が、土地の持分割合が少なくなるために節税という意味では、かなり有利になります。

そのため、ワンルームマンションで相続税対策を考えている方が非常に増えております。

一方、贈与税は軽減されましたので、土地の持ち分の少ないワンルームマンションを活用し生前贈与、そのワンルームマンションで相続税の支払いの原資をつくる相続税対策が注目されています。

まとめ

この記事では相続税対策をうまくやる方法として何故、ワンルームマンションが有効なのかについて書いてきました。

今後は相続税を負担しないといけないケースがどんどん増えていくと思いますので、相続税対策はとても重要です。