テレビやドラマなどでは相続人同士が遺産の分配方法でもめているシーンを見たことがある人は多いと思います。

テレビドラマなのでフィクションではないのかと思う人もいるかもしれませんが、実際にもめて裁判に発展するケースも多いです。

亡くなった人がいる以上、残された財産は誰かが相続しなくてはいけません。

この話をすると「うちの家はそんなに財産がないからもめることはありません」という人がいるんですがそんなことはありません。

お金がなくても、分ける財産が少ないほど、相続はもめるケースが多いです。

身内同士で争うことはあまり気持ちがいいものではありませんが、身内だからこそ争いだすとひくに引けないということもあります。

争いを回避する方法としては遺言書を書いておくことも最近では多いです。

この記事では相続対策とは?相続をする前に知っておきたい事について書いていきたいと思います。

 

この記事の内容

1.相続対策はいつからするべきか?

2.相続税はどのように計算される?

3.相続の知識は少しでも持っておく事

4.相続税を安くする事ができる不動産

5.建物の評価方法

6.相続税対策をする前に遺産の整理をする

7.まとめ

 

 

相続対策はいつからするべきか?

相続についての対策は早ければ早い方がいいと言われています。

生前に被相続人が対策をすれば時間はかかる可能性はありますが、親族の話し合いをスムーズにする為の遺言書作成や被相続人の財産を減らす効果がある「贈与」という方法を使って相続税の節税をする事も可能です。

相続税はどのように計算される?

まず相続税控除額のの基礎計算方法というのが

3,000万円+600万円×法定相続人の数=相続税の基礎控除額

この基礎控除があるので最低でも相続人一人いたとしますと3,600万円を

超える遺産でなければ相続税はかからないという事になります。

相続の知識は少しでも持っておく事

相続の専門家はいますので、その専門家に任せるというのも一つの手段ではあります。

しかし、依頼すると費用も掛かりますので費用をあまりかけたくないという人は自分自身で対策する人もいます。

自分自身でする場合は知識がなければ何も動くことができませんし、専門家に依頼する場合は知識が少しでもあれば話もしやすくなります。

相続税を安くする事ができる不動産

現金や有価証券は時価で評価されるのに対して、不動産である建物と土地は時価ではなく評価の基準が決まっていますので、その基準を持って評価されます。

結果として、他の資産に比べて相続税は安くなる傾向にあるといわれています。

建物の評価方法

建物の評価額は「固定資産税評価額」がそのまま用いられます。

固定資産税評価額というのは、地方税法の規定によって総務大臣が定める固定資産評価額に基づき、市町村が決定するものです。

一般的には建築費用の50~60%程度の評価となる事が多く、その分相続税を節税できます。

また、不動産投資物件の場合ですと人に貸している状態にになりますので、評価額が固定資産税評価額からさらに30%が控除されます。

相続税対策をする前に遺産の整理をする

相続は頻繁には起こらならないと言われていますが、いつ発生するかは予測が難しいです。

対策や話し合いはいち早くしておいた方がいいと言われ、対策がしっかりできていれば相続が発生した際にもめる可能性は低くなります。

民法などは少しづつ改正されているのでもし気になる事があれば専門官相談や自分自身で少し調べてみる等の姿勢が大切です。

まとめ

この記事では相続対策とは?相続をする前に知っておきたい事について書いてきました。

亡くなった人がいる以上、残された財産は誰かが相続しなくてはいけませんし、いつ発生するかは予測が難しいですので準備は必要です。