不動産会社の収入の一つに「仲介手数料」というものがあります。

不動産の売買をする場合、「仲介手数料」がいくらかかるの等

気になるところではあります。

この記事では仲介手数料について知っておきたいことを説明していきます。

仲介手数料とは?

仲介手数料とは不動産の売買・賃貸の際に不動産仲介業者に対して支払う報酬の事です。

仲介手数料は成功報酬ですので契約が成立しなかった場合は発生しません。

不動産会社の立場で仲介手数料が発生するかしないかが変わります。

不動産会社の立場として大きく分けると三つです。

①売主

自ら所有している不動産で売却にあたる為、仲介手数料は発生しません。

②代理

売主の代理人であるので原則的に仲介手数料が必要ですが、売主との

取り決めにより不要な場合もあります。

③仲介

売主と買主の間に入り取引を行うので基本的に仲介手数料は発生します。



売買の場合の仲介手数料がもらえる仕組み

売買の場合は大きく分けて2通りのもらい方があります。

①不動産仲介会社が一社

不動産仲介会社が一社の場合は売主と買主の両方から仲介手数料をもらう事ができます。

不動産業界では「両手」と呼ばれており仲介業者としては一番売り上げになるケースです。

②不動産仲介会社が二社

買主と売主からそれぞれ仲介手数料をもらうことができます。

不動産業界では「片手」と呼ばれています。

不動産会社としては「両手」のほうがおいしいので両手でいかに仲介手数料をもらえるかを

重要視している会社もあります。

仲介手数料は場合によって値引き交渉が可能です。

仲介手数料が「両手」の場合は多少交渉しやすくなります。

仲介手数料は安ければどの業者でも良いというものではなくしっかりと仕事をしてくれる業者を選びましょう。

仲介手数料の計算方法

不動産会社がもらえる仲介手数料は法律で上限が決まっていますし、金額によって

パーセンテージで決まっており以下の3つのパターンになります。

不動産の売買価格 200万円以下 手数料の上限 5%

不動産の売買価格 200万円超え400万円以下 手数料の上限 4%+2万円

不動産の売買価格 400万円超え 手数料の上限 3%+6万円

もらえる報酬の上限ですので、必ず上限いっぱいの金額をもらう必要はありません。

例えば20万円の報酬が上限とした場合10万円を報酬としてもらう分は法律上問題ないです。

仲介手数料の計算表

物件価格200万円 仲介手数料の上限(税込) 10,800円

物件価格400万円 仲介手数料の上限(税込) 194,400円

物件価格500万円 仲介手数料の上限(税込) 226,800円

物件価格1,000万円 仲介手数料の上限(税込) 388,800円

物件価格1,500万円 仲介手数料の上限(税込) 550,800円

物件価格2,000万円 仲介手数料の上限(税込) 712,800円

仲介手数料は取引価格が大きければ高くなっていきます。

仲介手数料はあくまで法律で上限金額が決められており不動産仲介業者によって

半額にするなどの金額調整は法律上問題ないです。

仲介手数料の支払いはいつ?

仲介手数料の支払いは原則取引完了後とされていますが、契約締結時と引き渡し時に

分割して支払うケースが多いです。

都道府県の指導する中間金という考え方もありこれが仲介手数料の2分割につながっています。

原則から外れますが、事業者が半額を契約締結時に請求することは問題ないです。

ただ、最後までしっかり業務を行ってくれるかどうかの不安に感じるところはあると思いますので

売買代金の取引が完了してからの支払いにした方が安心です。

解約した時に仲介手数料はかかるの?

契約が成立しなければ仲介手数料はかかりませんが、解約の場合に一旦契約が成立したとして

仲介手数料を払わなければならない場合があります。

契約後に解約が考えられるケースとしては

・手付解除

手付解除とは買主が手付放棄、売主は手付倍返しをすれば解約をする事ができるという事です。

この場合は仲介手数料を支払わなければなりません。

・ローン特約による解除

買主が物件購入時に金融機関を利用した場合、万が一ローンの審査が通らなかった場合は

白紙に戻すという特約ですが、この場合は仲介手数料は払わなくて大丈夫です。

まとめ

この記事では不動産の売買の仲介手数料について説明してきました。

不動産を購入するにあたりどのくらいの費用がかかるのかは誰もが気になる事です。

仲介手数料は不動産の法律「宅建業法」の定めに従って取引されています。

法律に遵守して取引をしている不動産会社がほとんどですが、中には悪徳な業者もありますので

仲介手数料のパーセンテージなどはよく理解してから購入を検討しましょう!!