マンション投資はローンを利用して始める方が大半です。

ローンの借入期間は一般的に35年です。

返済期間を長くするとその分、先々の資金状況をしっかり把握しておかなければなりません。

ある程度、資金計画を閑雅ておかないと支払いが厳しくなります。

そうなるとローンの支払いができないという最悪の状況に陥ります。

この記事ではマンション投資のローン返済ができなくなるという最悪の状況にならない為にできる事について書いていきたいと思います。

ローンを利用する際は慎重になることがとても重要

年収の数倍する借り入れをする住宅ローンは会社員の方にとっては大きな決断です。

普通に安定して勤務し続ければいずれは完済できるのですが、何があるかどうかはわからないのが人生だと思います。

当たり前の話ですが、高額な物件を買えば、ローンを組む金額も大きくなります。

ローンの金額でリスクも大きくなります。

ローンの支払いは家賃収入で行っていくわけですが、ご自身で負担できる範囲内の金額の物件であれば支払いができないというリスクは回避できます。

ローンの支払いの原資は家賃収入である事を再認識

ローンの返済は家賃収入で行っていくのが、マンション投資です。

物件と場所さえ間違わなければ安定した家賃収入が入ってきます。

ただ、部屋を永遠に借りてくれるわけではありませんので必ず空室が出ますので空室期間は支払いが発生します。

重要なのは空室の期間であって1年も空いてしまうような場所で始めると支払いが厳しくなります。

修繕費がかさむとローン返済に影響を及ぼす

修繕費がかさむとローンの返済に悪影響を及ぼす場合があります。

修繕費は基本的にマンションオーナー負担ですので、設備は壊れるものと認識しておかなければなりません。

ただ、修繕費は破損の状態や範囲など、さまざまな要素が関係するため一概には言えません。

例えば、エアコンひとつとっても、数千円の修理で済む場合もあれば、買い換えなければならない場合もあります。

しかし、ある程度備えておけば緊急時にすぐに対応ができますし、ローンの返済に影響を及ぼすことはありません。

修繕費用のお金を毎月積み立てておく

突発的な修繕費に備える方法としては修繕費用をある程度想定して積み立てておくことです。

例えば、エアコン、換気扇などは交換するとなるといくらかかるのかはある程度、想定できます。

想定できない細かい修繕費は、家賃収入の何%かを毎月積み立てておくと安心です。

まとめ

この記事ではマンション投資のローン返済ができなくなるという最悪の状況にならない為にできる事について書いてきました。

マンション投資はローンの支払いの原資は家賃収入ですので、家賃さえ取れていれば、返済ができなくなるという事はないです。

よっぽど、変な物件を選ばない限り返済ができなくなるという事にはならないと思います。