老後の資金が足りないと考えたときに貯金しないといけないと考える方が多いと思います。

老後の資金を準備する方法に貯金以外に保険で積み立てるという方法があります。

生命保険にも掛け捨て保険と貯蓄型の生命保険があり、掛け捨てではもったいないから個人年金保険などの貯蓄性のある保険を検討する方も多いと思います。

貯蓄性の保険も種類があり種類によってはメリット・デメリットがあります。

貯蓄性のある保険の中で「自分にとってどの保険が最適かどうか」が大切になっていきます。

この記事では老後の資金は個人年金保険と外貨建保険どっちがいいのか比較していきます。

保険コネクト

 

 

 

 

外貨建て個人年金保険とは?

外貨建て個人年金保険とは保険料の支払いや保険金の受け取りを米ドルやユーロ、オーストラリアドルなどの外貨で行う個人年金保険になります。

日本円で支払った保険料はその国の外貨で国債などで運用されて、一般的に円よりも利回りが高くなる傾向にあります。

特に長期運用する場合は円と比べうと大き差が出てくるのが特徴です。

また、保険料を支払う時と保険料を受け取る時の為替相場によって円に交換した時の金額が大きく変わります。

保険会社によりますが、保険料は一括支払いタイプや積立支払いタイプがあります。

保険料の受け取り方法としては年金方式ではなく、一括受取方式も指定できるのが通常となります。

円建ての個人年金の特徴

円建ての個人年金は縁で積み立てていくので円レートに連動して運用されます。

為替変動に影響を受ける事無く将来に受け取る事ができる満期保険金や解約返戻金の見通しもつきやすいです。

外貨建て個人年金と比べると利率は低く設定されていますが、堅実な積み立てを希望する方には向いています。

利回りの高さが外貨建て個人年金の人気の理由

円に比べると外貨は利回りが高いのが特徴です。

例えば、オーストラリアドルの場合ですと利率が2~3%になっていることも珍しくありません。

これはオーストラリア経済が良い事が影響しているので、景気が悪くなれば利率は下がる可能性が高いという事です。

一方、円での個人年金保険の場合は1.0%程度が一般的で3倍以上の利率が期待できます。

注意したいのが外貨建て個人年金は円での個人年金に比べると利回りは高いですが、受取時に外貨受け取りではなく日本円に両替した場合には為替変動の影響を受けます。

外貨建て個人年金のメリット

外貨建て個人年金の魅力は高い利回りです。

特に長期で運用していく場合は利回りが少し違うだけで受取額はかなり変わります。

老後に海外にロングスティなどを考えられている方にとっては外貨建て個人年金は役に立ちます。

また、外貨を運用していることになりますので将来の円安やインフレ対策につながります。

外貨建て個人年金のデメリット

利率が決められている外貨建て個人年金の場合ですと外貨ベースの受取額は確定していますが、日本円で受け取る場合は為替レートの影響で年金額が変動します。

元本割れする可能性もありますので確実に老後の資金を用意したい人にとっては向かないという結論になります。

まとめ

外貨建て個人年金は為替リスクが大きい為、安定した確実な商品ではありません。

外貨建て個人年金は利回りが高いというメリットはありますが、予測できない為替変動により元本割れしてしまうかもしれませんので注意が必要です。

円建ての個人年金保険は為替変動に影響を受ける事無く将来に受け取る事ができる満期保険金や解約返戻金の見通しもつきやすいです。

高い利回りを選ぶかそれとも堅実な積み立てを希望するかで選ぶようにしましょう。

保険コネクト