初めて一人暮らしを始める時などは賃貸物件を契約する時にいくらかかるのか気になるものです。

お部屋探しする際には一番大切なのは家賃はどのくらいまで払う事ができるかどうかです。

この家賃の目安をある程度決めてから実際に賃貸ショップに行って物件を見て回るわけですが、実際に気に入ったお部屋が見つかった時に予想以上にお金がかかり引っ越しを断念しなければならないことだってあると思います。

この記事ではお部屋探しで最初にかかるお金について書いていきたいと思います。

家賃の目安はいくらぐらいが理想?

家賃の目安をまず決めてからお部屋探しを始めるわけですが、この家賃をいくらにするかで生活が変わってきます。

高すぎる家賃ですと生活が苦しくなりますし、逆に家賃の安い物件を選んだせいで日常生活にストレスを感じてしまうことだってあります。

家賃とは別に共益費と管理費という名目で毎月かかる費用もありますので、合わせた金額で月々の支払いできる金額を決めましょう。

家賃の目安としては月々の収入の3分の1が理想と言われています。

月々の給料が20万円とすると6.6万円程ですが、6.6万円の家賃を上限とするのが理想となります。

家賃は毎月支払うものですので毎月固定で入ってくる給与だけで計算するようにしましょう。

毎月定期的に入る給与以外のボーナスなどはあてにしない方が良いです。

初期費用にはどういったものがある?

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては敷金、礼金、不動産会社に支払う仲介手数料等があります。

地域や物件によってかかる費用は多少変わりますが目安としては以下の項目になります。

礼金:謝礼金として家主に賃料以外で支払うもので、一度払うと戻ってこないお金

敷金:退去する際にかかる原状回復に充てられるもので基本的には原状回復費用に充てた残りのお金が戻ってくる

仲介手数料:不動産会社がもらう報酬。家賃の1ヵ月分が上限となっている

保証会社保証料:家賃の滞納に備えて家賃保証会社に支払うもの。金額としては家賃の3割、5割、1ヵ月が目安です。

火災保険料:火災や水漏れなどに対する損害保険に加入する事が一般的です。金額としては2年契約で1万5,000円~2万円が相場です。

福岡の単身者向けの家賃相場は?

福岡の都心部の単身者向けの相場はどのくらいなのかというと

風呂トイレが一緒:家賃3万円台

風呂トイレが別:家賃4万円台

風呂トイレが別で洗面脱衣所がついており比較的に新しめだと家賃5万円台となります。

福岡は更新料が安い

更新料とはお部屋を借りてから1年後、2年後「契約期間は物件ごとに異なる」にそのまま住み続けるかどうかでかかる費用です。

福岡の更新料は相場としては年間で1万円というのが比較的に多いです。

更新料高めの物件ですと2年で3万円程ですが、東京などに比べるとかなり安価です。

東京では当たり前のように家賃の1ヵ月分を2年に一度更新料を支払う事になります。

東京の家賃は福岡と比べると1.5倍から2倍くらいですので、家賃1ヵ月の更新料はかなり負担が大きいです。

知らない事で損しない為に

これは不動産賃貸会社が部屋を紹介してくる際に注意するべき点です。

基本的に部屋を紹介してくれる不動産会社の収益としては仲介手数料です。

仲介手数料半分しか頂きませんとかそういった賃貸ショップを見かける事もあると思います。

部屋を借りる側としては半分で済むからお得だなと感じますが、その反面賃貸ショップって少ない報酬で頑張ってくれるから申し訳ないなと思う方いるかもしれません。

それは大きな間違いで、賃貸ショップにはその他の報酬があります。

それは広告費という不動産賃貸オーナーからもらう謝礼金のようなものです。

相場としては家賃の1ヵ月ですが、家賃の2ヵ月分もらえる物件もあります。

賃貸ショップの営業マンはこの広告料が営業マンの個人の成績にも関わりますので、高いものから紹介してくる傾向にあります。

広告料が高い物件に限って人気がなくなかなか決まらない物件が多いです。

もし、営業マンが希望のエリアではない物件を紹介してきたり、物件の勧め方が強い場合は注意した方が良いです。

まとめ

この記事では福岡のお部屋探しで最初にかかるお金について書いてきました。

一人暮らしを始める際はいくらに家賃をするかがまず重要です。

最初にかかるお金は家賃の4倍から5倍を目安にすると良いです。

注意したいのは入居初期費用以外でも引っ越し費用や家具・家電などの費用も必要ですので、よく計算してからお部屋探しをしましょう。