せっかくいい物件を見つけて不動産投資を始めようとした場合に住宅ローンの審査が通らず途方に暮れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

銀行の担当者も落ちた理由については教えてくれないですし「総合的な判断で」といった回答しかもらう事ができないです。

じゃあ、何が問題だったのかわからないままで終わってしまう事がほとんどだと思います。

この記事では住宅ローンの審査に落ちた場合に考えられる理由とはどういったものなのかについて書いていきたいと思います。

住宅ローンの流れは?

住宅ローンを利用する為の流れは大きく分けるそこまで多くはありません。

大まかな流れとしては

1.融資相談

2.住宅ローン申し込み

3.事前審査

4.本審査

5.金銭消費貸借契約

6.融資実行

この中で審査は2段階で事前審査と本審査でされます。
住まいの窓口

事前審査と本審査

住宅ローンは数百万~数千万円の大きな金額になる場合がほとんどなのでお金を貸す銀行にもリスクがあります。

万が一、返済が滞ると大きな損失を被る事になりかねないので「きちんと返してくれるのか」「返済ができなくなった場合も物件を差し押さえて回収できるか」などといった点を審査します。

事前審査がなぜあるのかというと住宅ローンが借りれないと買えないケースが多いので、売買契約の前に住宅ローンが借りれるかどうかの目星をつけておく必要があるからです。

したがって事前審査に通らないと住宅の場売契役を結ぶことができず次の本審査にも進めない事になります。

続いて本審査ですが、不動産投資ローンの場合は事前審査を通過していれば落ちる事はあまりありません。

事前審査の内容の確認のような位置づけになっているようです。

ただ、事前審査に通ったからといって安心しているとダメになる事もありますので注意が必要です。


CIC(個人信用情報機関)とは?

CIC(個人信用情報機関)というのはCREDIT INFORMAION CENTERという言葉の頭文字からとられています。

CICは企業や個人からの問い合わせを受けた際位こうした利用者の信用情報の提供をしている会社です。

住宅ローンを提供している金融機関はCICの持っている信用情報を確認する事で利用者の支払い能力に関して調査する事が可能です。

もし、滞納などがあった場合はこのCICに滞納の履歴が登録されますし、お金を借りた場合も情報が登録されます。

住宅ローンに落ちてしまう原因【過去に滞納履歴がある】

過去に金融機関からの借り入れに対しての滞納がある場合は落ちてしまう可能性が高くなります。

特に注意したいのが消費者金融からの借り入れです。

消費者金融からの借り入れがまずあること自体が厳しくなるのですが、滞納していた場合はかなり厳しくなります。

返済の遅れがあると個人信用情報機関(CIC)に登録されますので、滞納状況が続いていると審査に落ちます。

住宅ローンに必ず落ちてしまう原因

住宅ローンに必ず落ちてしま原因としてはCIC(個人信用情報機関)に「異動」の文字がある場合です。

この場合ですと絶対に住宅ローンの審査に落ちます。

上場企業に勤めている管理職の方であっても社会的に信用力が高い公務員の方でも無理です。

注意したい携帯電話代の滞納

実は携帯電話代の滞納が住宅ローンの審査に影響してくる場合があります。

最近ですと携帯電話を契約する際には携帯電話本体を割賦契約で分割して購入するのが一般的です。

この携帯電話を分割で購入する際にはCIC(個人信用情報機関)に登録されることになります。

携帯電話代は少し遅れて払っても大丈夫だろうと思っている方もいらっしゃると思います。

これは大きな間違いで、携帯電話代(機種分割購入)は2ヵ月間続けて滞納して払った場合、滞納情報として登録されます。

CIC(個人信用情報機関)に情報開示を求めて入金履歴を見てみると「A」というマークが並んでいます。

この「A」というのは遅れて支払っていることを意味しています。

これが続いてしまうと金融機関からの印象が悪く住宅ローンの審査に落ちてしまいます。

まとめ

この記事では住宅ローンの審査に落ちた場合に考えられる理由とはどういったものなのかについて書いてきました。

現在、住宅ローンは金融機関にこだわりすぎなければ比較的通りやすい傾向になっています。

金融機関の審査で共通して言える目安としては滞納があるかないかという部分です。

消費者金融からの借り入れがあったり、複数社借り入れがある場合も印象が悪く住宅ローンは通りにくいです。

住宅ローンを組む上で心配な方は一度、CIC(個人信用情報機関)で信用情報開示報告書を取得してみると良いです。