区分マンション投資を始める際には出口戦略も考えておいた方が良いです。

区分マンション投資を成功させるためには、「最後にどう着地させるか」という出口戦略を検討することが必要です。

この記事では区分マンション投資に必要な出口戦略について書いていきたいと思います。

区分マンション投資に必要な出口戦略

区分マンション投資は投資対象となる物件を購入して始めるわけですが、長期で保有していくと売却のタイミングがいずれやってくると思います。

売却のタイミングとしては

・売却すると利益が出る

・どうしても売却しなければならない

この2つが最も多い区分マンションを手放す場合の理由です。

売却すると利益が出るタイミングというのはなかなか来ないので、優先して考えるべきなのはどうしても売却しなければならなくなった場合を想定した出口戦略だと思います。

出口戦略を考えるなら物件購入時が最も重要

出口戦略を考える上でもっとも重要なのは購入時です。

区分マンション投資を始める際は自分が持っている物件を売却しようとした時に次の購入者が買いやすいマーケットであるかという事も重要です。

不動産の出口戦略においては、自分が購入できるだけでなく、売主の立場に立った時に次の買い手も購入ができるということが必要となります。

区分マンション投資は終わり方をイメージすることも非常に大切な要素です。

目先の収支を重視するばかりで終わり方をよく考えておかないと不良債権化した物件をいつまでも所有することになりますので注意が必要です。

最悪の場合は損切も必要

区分マンション投資はあまりにも高額な物件に手を出さなければ、損切り(ローンの残債から売値の差額分を自分で負担すること)ができます。

その金額は最悪100万円から300万円程の金額を支払いで済むことがほとんどです。

それぐらいの金額であれば一般のサラリーマンでも支払うことが可能です。

こういった状況に陥らないことが大事ですが、最悪の場合は損切して終わるという選択肢はあった方が良いと思います。

まとめ

この記事では区分マンション投資に必要な出口戦略について書いてきました。

どうしても売却しないといけないタイミングが来ることもありますので、そんな時の為に出口戦略が重要になってきます。