金銭的な理由で勉強をあきらめるのは、親にとっても子供にとっても辛い事です。

そんな時に利用できるのが教育ローンや奨学金制度です。

教育ローンと奨学金ではお得なのはどっち?なのでしょうか。

この記事では教育ローンと奨学金ではお得なのはどっち?なのかについて書いていきたいと思います。

奨学金の目的とは?

奨学金という言葉は良く耳にします。

日本の奨学生のほとんどは日本育英会の奨学金を利用しています。

そもそも奨学金制度とは何のためにあり、どのような制度なのでしょうか?

奨学金は、次世代の社会を担う人材育成のため、十分な学力や能力を備えているにも関わらず経済的な理由で進学出来ない人に、学費を支援するための制度です。

国の教育ローン利用者が、高等教育を受ける子どもがいる保護者なのに対し、奨学金の利用者は学生です。
ABCash

奨学金の種類も色々、お得なのは?

奨学金は大きく分けると3種類に分類されます。

奨学金【給付型】

返済が不要な奨学金です。

返済が不要な分お得に感じますが、応募条件は成績評定3.5以上等と貸与型に比べて厳しいものが多いです。

最近では、大学独自の給付型奨学金、自治体ごとの奨学金、スポーツ振興団体等が設定しているもの等もあり、選択肢は増えてきています。

奨学金【貸与型(利息なし)】

卒業後に返済しなければならない「貸与型」の奨学金です。

代表的なものですと日本学生支援機構の第一種奨学金(高校の成績の平均が3.5以上)です。

他にはNPO団体が提供するあしなが育英会等(遺児等が対象)の奨学金制度もあります。

奨学金【貸与型(利息あり)】

卒業後に返済しなければならない「貸与型」の奨学金です。

ほとんどの奨学生は、この日本学生支援機構の第二種奨学金を利用しています。

奨学金は利息ありでも利用した方がお得

大半の方が卒業後に返済しなければならない「貸与型」の奨学金を利用しますが、気になるのが利息です。

利息の額を決める方式は、「利率固定方式」と「利率見直し方式」があり、いずれかを選択することになります。

それによって、奨学金の総返還額が変わってくることになります。

2020年3月の時点での利率は以下の通りです。

利率固定方式:0.07%

利率見直し方式:0.002%

ちなみにローンと言えば住宅ローンをイメージする方もいらっしゃると思いますが、2020年4月の時点で最も安い銀行の利率は0.410%です。

利息あり奨学金を利用した場合でもどれだけお得なのかが分かります。

奨学金と教育ローンの違い

奨学金の利用者は学生であるのに対し国の教育ローン利用者が保護者です。

教育ローンは使用目的を教育関係に限定したローン(貸付)の事で、国の教育ローン、各銀行・金融機関の教育ローンがあります。

一般的に教育ローンはいつでも申込み可能です。

ネット申込みOKな金融機関もあり、審査も早い傾向から、急いでまとまった金額を支払わなければならないときには助かります。

教育ローンを利用するタイミング

奨学金は申込み時期が決められています。

高校在学中に予約申込みをして、奨学金を受けられることが決まっても、実際お金が振り込まれるのは入学後となります。

月々振り込まれる奨学金のほかに、10万円・20万円・30万円・40万円・50万円と増額できる「入学時特別増額」制度もありますが、こちらも振り込まれるのは入学後になるため、入学前に必要となる資金としては利用できません。

奨学金は入学前に利用する事ができないのに対して教育ローンはいつでも申し込み可能です。

教育ローンのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

■教育ローンのメリット

・いつでも申込みが可能で、緊急に資金が必要になっても対応しやすい

・入学費用や授業料などのまとまった資金に利用しやすい

・返済金額、期間など返済計画のを立てやすい

■教育ローンのデメリット

・金額には上限が設けられている場合がある

・奨学金に比べると金利は高めに設定されている

・保証料がかかる場合がある

まとめ

この記事では教育ローンと奨学金ではお得なのはどっち?なのかについて書いてきました。

利息などを考えると奨学金が圧倒的にお得です。

ただ、急に資金が必要になった場合に奨学金は対応できないというデメリットもあります。